タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年08月31日(月)

豆乳屋さんの素朴な疑問 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

豆乳屋さんの素朴な疑問

その場で飲む豆乳はいつもマグカップに入れてもらう。料理やお菓子に使うものは袋に入れてもらう。
だからナムトーフ屋のおじちゃんは、「サイ・トゥン(袋入り)」を注文すると、「今日は何を作るの!?」と目を輝かせる。おじちゃんは、自分が売っている豆乳がどのように利用されるのか興味があるのだ。

デザートの作り方を説明した時のこと(と言っても、「タピオカ粉を混ぜてかき混ぜるだけ」なのだけど)、おじちゃんが目を丸くしながら言った。

「いろいろよく知ってるんだね。もしかして、日本にいたときお菓子屋さんでもしてたの?」

慌てて否定したけど、おじちゃんのこの発想はタイならではだと思った。タイでは、とても気軽に「商売開始」ができる。それが長続きするか、儲けが出るかはまた別の話だけれど、パンを焼ける人はご近所や同僚から注文を取ってパン屋さんを始めるし、お菓子を習いに行ってシフォンケーキの作り方を身に付けたら、近隣の珈琲ショップにシフォンケーキを置いてもらったりする。

日本は、自宅でケーキやクッキーを焼いたり、プリンやゼリーを作ることはさほど特別なことではないと思う。「家事」の一つと思われているかもしれない。それができるからと言って、すぐに売り始めることはあまりない。プロ顔負けの素敵なお菓子を作る人もたっくさんいる。

久々に、タイと日本の「感覚」の違いを思った夕暮れ時だった。

Posted by てんも at 00時20分

コメント

タイは自宅で料理しない文化だからそうなんでしょうね。
ところで、日本では豆腐屋さんはあっても豆乳屋さんてないけど、どうしてタイでは豆乳屋さんがあるんでしょうか?

YoTa 2009年08月31日 08時36分 [削除]

あ、なつかしい。
子どもの頃、お豆腐屋さんがプーっとラッパ吹いて来てました♪売ってるのは木綿と絹と油揚げぐらいで、豆乳は売ってませんでした。なんでだろ?

てんも 2009年08月31日 18時53分 [削除]

タイであらゆることについて、「タイ人よりよく知ってる」と言われる日本人は多いのではないでしょうか。一般論として日本人の知識応用力のレベルは凄いと思います。
私の母の友達で、自家製パンやお菓子作りの上手な方がいますが、「買う」のではなくいつも貰ってます(個人的には売ってるものとそれほど遜色ないと思います)。日本では顧客の要求品質レベルが非常に高いので、お金をとって商売とするまで至るのは敷居が高いのかもしれません。

ニー 2009年08月31日 23時39分 [削除]

パンやお菓子上手な方いらっしゃいますよね。
でも、その方にとってはあくまで「趣味」で、「商売」にはしたくない、という方もたくさんいらっしゃるように思います。
「敷居が高い」というのはすごく感じます。タイはあまり抵抗なくお金とりはじめますね〜。面白い違いです。

てんも 2009年09月02日 18時37分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2009


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー