タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年06月03日(土)

学校を作ろう!! [タイで生活]

お父さんの仕事の都合で海外に渡る子供達は一体どれくらいの数に上るのだろう。

海外での慣れない生活。
言葉が不自由なうちは、遊びに出かけるどころか、日々の買い物ですら、とてもとても難しい。

タイのチョンブリ地区には、日系企業の進出に伴ってたくさんの子供達がやって来ている。その子達のほとんどがインターナショナルスクールに通う。

学校の先生が英語しか話さないという環境は、ちょっと想像してみるだけでも相当しんどい。具合が悪い、トイレに行きたい、そんな簡単なことでさえ、相手に伝えるのには相当のエネルギーを使う。

今チョンブリでは、日本人学校を設立しようという運動が起こっている。
海外での生活で子供達がほっとできるのは、自宅に戻ったときだろう。でも、もし日本人学校ができれば、学校も、子供達がほっとできる空間になるのかもしれない。
そう考えた時、選択肢の一つとして、日本人学校ができるのも悪くない、と思った。

学校を作り上げるのは、地域の保護者と日本人会をはじめとする各機関。保護者はもちろんだが、各機関に属している人たちも数年たてば日本に戻る。
いま学校を作る運動に参加している人たちは、学校が出来上がる頃にはここにはいないかもしれないのだ。

つまり、偶然、この時期にこの地域で暮らしている。そんな縁に恵まれた人たちで、後からこの地にやってくる家族のために学校を作ろうとしているのだ。

これってすごいことじゃないだろうか。
なんだかワクワクするプロジェクトじゃないか。

でも、子供はたくましい。柔軟性もある。だから、あっという間に英語を身に付けて、インタースクールでいろいろな国の子供と交流しながら国際性を身に付けていくだろう。それはきっととても貴重な体験になる。というのも一つの考え方。

最終的には、各家庭の教育方針がどうあるか、ということになる。

いろいろな立場の人がいて、いろいろな考えの人がいて、必然的に、ある程度の混乱があって。
日本人学校は海外で暮らす子供と親にとって、必要な存在なのか?という大変に難しい問題が、タイ東部で暮らす日本人に突きつけられている。

Posted by てんも at 15時19分

コメント

日本人として生活し、日本人として大人になる。

そんなシンプルなことが出来ないのが、
今の東部地区の現状です。

日本人学校が出来たからといって全てが解決するとはいえませんが、泣いているお子さんはこの地域多いです。

私が公言できないレベルの状態になってきています。

声を大にして訴えられないですが、
本当に助けてあげてください。

そういいたくなる懇親会でしたね。

pattako 2006年06月03日 21時16分 [削除]

日本に帰ってまた日本の学校に行くのなら、
日本語学校があったほうが良いのかも。

noina 2006年06月04日 02時58分 [削除]

日本人学校ができるといいですね。転勤であちこち移動するのであればインターナショナルスクールはよいと思いますが、そうでなければ、日本人学校がベストだと
思う。これからの人たちのために、日本人学校設立の運動をおこしている方、本当に立派です。

ポォ 2006年06月04日 09時52分 [削除]

他の選択肢がないのでインターナショナルスクールに行かせる人がほとんどなんでしょうか?やはり日本人学校があったほうがいいのでしょうね。。ちなみにチョンブリには日本の人はどれくらいいるのですか?

きよ 2006年06月04日 10時15分 [削除]

うちの会社でアジア各国に居る駐在員の子供さん、
結構地元の学校に通っている人が多いです。
(アメリカンスクールも日本人学校も授業料が高いので
 会社の補助が無いところは大変です。)
でも短期駐在でいずれ日本に帰るのならやっぱり日本語
で授業を受けたいですよね。
子供の将来を考えて家族を日本に残して寂しく単身赴任
している人も多いと思いますよ。

うえの 2006年06月04日 11時39分 [削除]

みなさんご意見どうもありがとう。すごく参考になります。
引き続き、日本人学校は必要かどうかに関するご意見を聞かせてください。

てんも 2006年06月04日 12時29分 [削除]

ここクラビではうちの子しか日本国籍持ってないんでとーぜん日本人学校はなくバスで片道3時間かかるプーケットの日本語補習校(毎週土曜日)に数ヶ月に1度ぐらいの割合で遊びに行ってます。
地元のローカル行ってるんですけど参観日もなくどんなこと教えてもらってるのやら謎?です。
希望としては私にも分かりやすい日本人学校あったらいいけど授業料も高そうだし二重国籍なんでやっぱタイの学校も必要だし・・・
チョンブリーの学校早く実現すればいいですね。
インター選ぶのもよし日本人学校選ぶのもよし。
あんまし意見になってなくてスンマセン。^^;

ゆかこ@クラビ 2006年06月04日 15時44分 [削除]

 以前の会社(在ラヨーン)の上司は、家族(奥さん、子供2人(当時中2と就学前))をバンコクに住まわせて中2の息子さんをバンコクの日本人学校に通わせ、ご自身は平日はシーラチャにて単身赴任されておりました。住居が2箇所になってお金はかかるので現地採用レベルの給料では厳しいですが、赴任扱いならば金銭的には問題ないと思います。
 あと、嫁の友達の在日タイ人の息子さんは来日した直後から公立小学校に通ってましたが、日本語が不自由だったためにタイ語のわかる補助教員が派遣されたそうです。
 単に言葉の問題であれば通訳をつければいいかと思いますが、インター校等のカリキュラムでは不満で日本の義務教育とほぼ同様のものを望むのであれば上記のように単身赴任か日本人学校を作るかしかないように思います。

ニー 2006年06月04日 23時33分 [削除]

pattakoさん
いつもいつも、パワフルと優しさをミックスした素敵なpattakoさんの笑顔が大好きです♪
pattakoさん、これからもよろしくね。

noinaちゃん
シンプルに考えると、そういうことになるよね。
とても貴重な意見。さすがnoinaちゃん、どうもありがとう。
なんだかともて、頭がすっきりしたよ。

ポォさん
ちょっとだけ、自分の中に迷いがあってね。
「子供のため」って言っても、本当に子供のためになるのかどうかなんて、誰にも分からないのに。って。
でも日本人学校があったら必要なかった苦労っていうのがあるのであれば、それだけでも日本人学校の意義はあるのかもしれないね。

きよ
このあたりはインターしかないので、インターか、現地校かっていう選択しかないの。あとは、ニーさんが書いてくれているように、タイ国内でお父さんが地方に単身赴任という方法か。
チョンブリ県は広くてね、パタヤもシーラチャもチョンブリもチョンブリ県なんだよ。
日本人人口はすでにバンコクに次いでタイ2番目なんだって。

うえのさん
日本人学校の存在は、家族一緒にタイにやってくるか、お父さん1人で単身赴任するか、という選択にも影響を与えるんですね。
どうもありがとうございます!

ゆかこさん
ご意見ありがとうございます。ローカルって、年間行事予定表はおろか、終業式、始業式の日ですら、直前にならないとわかんないよね(T_T)
片道3時間もかかるんだ。日本語の補習校があるのって、プーケットとチェンマイとチョンブリでしたっけ?それだけ日本人人口が多いってことなんでしょうね。
たしかに、選択肢は多ければ多いほど良い。あとは選ぶ人が決めることだもんね。どうもありがとう。

ニーさん
インター校のカリキュラムも不安があるようです。日本に帰ったときに、学校の勉強についていけるかどうか、というところで。
そうか、やっぱり結構必要なんだな。とても参考になりました。ありがとうございます。

てんも 2006年06月05日 01時31分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2006


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー