タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年06月04日(日)

情けは人のためならず、自分のためなのだ [タイで生活]

「誰かのために、何かをする」
というのは、立派なことだ。でも、見方を変えればお節介なことでもある。そして、良いことなのか悪いことなのか、評価も大変に難しい。

例えば、親が子供に言う。
「あんたのためを思って、言ってるのよ」

親のこういう言葉は、子供にとっては迷惑でしかない。

しかし、その子供が大きくなると、うるさく言ってくれた親の気持ちを理解し、本当に自分のためを思って言ってくれていたのだ、と親に感謝したりする。

親の「うるさい小言」への評価は、「悪」から一転して「善」となる。その時々によって、評価は変わるのだ。
現時点での評価も、いずれ変化するかもしれない。
それでは、どの時点における評価を重視すればよいのだろうか。

「誰かのために、何かをする」

それが、本当に相手のためになっているのかどうかは、誰がどの時点で判断するかによって、見方が全く変わる。

「情けは人のためならず」には、

「人のためにしてあげたことはめぐりめぐって自分に返ってくるから、他人への親切は結局は自分のためになるんだよ」という意味のほかに、もう一つの意味もあるのかもしれない。

「人のために何かをする、という行為は、誰かに頼まれたからやったのではなく、自分がやると決めたからやったのだ。人に感謝されたり評価されたりすることを目的に行うのではない。他人への親切は、それをやりたいと思う自分の欲求を満たすために行った。つまり、自分のために行っているのだよ」

全ての行動は自分の責任。

私は日本人学校が、今後この地にやってくる子供達にとって必要かどうか、今の時点では正直まったくわからない。
でも、活動に関わっている人たちの信念には大変共感できる。だから、お手伝いをしようと思う。

Posted by てんも at 11時51分

コメント

親の小言って結局「親の理想(親の思う幸福とか...)」を 語ってるような気がします
親にとっての理想が 必ずしもボクにとっての理想では 無いので困ったりしました
なので眞羽には やっては いけない事は 教えますが 何をやれとかは 言わないようにしてます

Jonny 2006年06月04日 18時48分 [削除]

心から誰かのために何かをするってとっても難しい。
純粋に他人のためだけにするって出来ないなあ。

noina 2006年06月04日 19時38分 [削除]

情けは人のためならず、って情けをかけてもその人のためにならない、という意味とおもってた(汗

きよ 2006年06月04日 19時42分 [削除]

結局、日本人学校の手伝いをすることになったのですね。

うっち 2006年06月04日 23時18分 [削除]

Jonnyさん
親も子供と同一人物ではないですからね。でも、特に母親の場合は、子供と一心同体だった時期もあるし、自分にとって良いことは子供にとっても良いことに決まっている、と思ってしまいがちかも。
私も気をつけよう。

noinaちゃん
私は「純粋に他人のためだけにする」っていうことに「偽善」を感じてしまうの。
「見返り」を求めずに行動することはあるけれど、そこにも「友達に喜んで欲しいから」とか何らかの「自分がやりたいからやる」っていう気持ちがあるんだと思うんだよね。

きよ
こ、こらこら・・・(゜o゜)せんせい。
しっかり!!(爆)

うっちさん
はい。お手伝いっていうか、本当に皆さんの活躍に感心しているばかりで役に立ってないんですけど(笑)。
でも、「子供のために」っていうフレーズが自分の中で消化しきれていなくて、ちょっと気になってました。
みなさんにコメントもらって、ずいぶんと気持ちが楽になりました(*^_^*)

てんも 2006年06月05日 01時27分 [削除]

子供が育つのに必要な環境を作るのは親の大切な仕事で特に教育と安全は
大事だと思います。その後、進学、就職、結婚、もしかして離婚。
親と言えでも子供が行なった決断は尊重するべきと思います。

私の親は私の前にレールを敷きたがって、それで随分と反発しました。
後で後悔したくないし自分の進む道は自分で作りたいです。
でも母子家庭ながらちゃんと育ててくれて学校に行く環境を作ってくれた
親には感謝しています。

うえの 2006年06月05日 03時29分 [削除]

日本人学校のお手伝いご苦労様です。
私は多分設立時にはいないと思う?けど難しいですよね。

私自身 最初は単身赴任で と考えていたんだけど子供のことを思い(日本にいたらいじめにあうタイプなので)日本の学校から逃げてきたから今回の日本人学校の設立に対し複雑な気持ち
って言うのが本音かな。

後任の人に対し考えるのか今の自分について考えるのかまったく違うので悩んでいます。

やよい 2006年06月05日 22時56分 [削除]

うえのさん
親は本当にありがたい存在ですね。
無償の愛を注いでくれるのって、親だけだもん。
子供の決断を尊重する。まだまだ私には難しいかな。

やよいちゃん
外からは「選択肢が増える」と見える日本人学校だけれど、日本人学校ができれば実質的には他の選択肢は消えてしまうよね。会社から出る授業料の補助も日本人学校のレベルになるだろうし、インターはその比じゃないくらい、高いし。
じっくり考えて、結論出してください。

てんも 2006年06月05日 23時23分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2006


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー