タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年06月17日(土)

飼い犬と門前犬 [タイで生活]

オフィス前には大家さんの犬3匹がいる。
3匹とも、番犬として最適。怖い。
そして、門の前には同じようにすごみのある犬がさらに3匹。

6匹はどれも似たような犬である。雑種だ。

でも、飼い犬は明らかに「ここで飼われている」というプライドを持っている。
彼らは「マー・バーン(家の犬)」と呼ばれる。

門前犬は「ここで飼われてはいないのだ」と身分をわきまえている。
彼らは「マー・ナー・バーン(家の前の犬)」と呼ばれる。

犬も野良よりは飼い犬がいいらしい。いくら外で飼われていても、雨露しのげるし、食べ物も与えられる。

だから、門前犬の3匹は、隙あらば「マー・バーン」に昇格しようと、門の開閉の度に中に入ってこようとする。
飼い犬は自分達の縄張りをあらされることに対し怒り、猛然と吼える。

それでも大家さんは、門前犬に対しても愛情を注いでいる。
門前犬は、自分達はここの家の前の犬なのだ。という思いがあるらしく、見知らぬ人が通りかかると猛然と吼えるのだ。人間の守衛よりもよっぽど役に立つという評判の門前犬に対しても、大家さんはえさを与えている。
しかし、門前犬は門の中に入ってくることは許されない。
何が違うのかというと、同じ雑種でも、飼われている3匹は、別の家で飼われていた飼い犬の子なのだ。
しかし、同じ雑種でも、門前犬は、産まれたときから野良犬なのだ。しかし、飼い犬志願なのだ。

出生の違いである。
犬社会にも歴然とした身分差があるのを目の当たりにして、タイ社会の厳しさを思った。

Posted by てんも at 01時29分

コメント

タイはどんな大企業でも家族経営で家族以外の者は経営に参加できませんが、犬も同じなんですね。
門前犬が飼い犬に昇格するには、飼い主の隙を狙って飼い犬を孕ませるか、飼い犬の子を孕むか、どちらかでしょうね。

イサーン太郎 2006年06月17日 10時44分 [削除]

ご飯が美味しいからかな(^^)

noina 2006年06月17日 14時06分 [削除]

タイの飼い犬より日本の飼い犬のほうが格が高いです。(^^

ぷーちゃん 2006年06月17日 14時30分 [削除]

前タイに行ったときお坊さんが、足で子犬を触っているのをみてとても印象に残りました。ちなみにタイでは出家できない身分とかあるんですか?

きよ 2006年06月17日 17時06分 [削除]

イサーン太郎さん
その手がありましたか!
なんだかそんなところも人間社会に似ているようないないような・・・。

noinaちゃん
ご飯は美味しいと思うよ。
残飯あげてるし。しかも、モーリさんは今日は味が薄いから、なんて残飯にナムプラー混ぜて味付けしてるし(爆)

ぷーちゃん
家の中で大切に飼う人が多いもんね、日本は。
家族の一員になってるね。

きよ
出家できない身分か。するどい質問だね。
外国人でも出家してるし(日本人で有名なお坊さんがいるんだよ)ないと思うけど・・・。ちょっと聞いてみるね。ドキドキ。

てんも 2006年06月18日 01時29分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2006


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー