タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年08月22日(火)

僕は卒業したくありません [タイで仕事]

大学の日本語学科の特別授業にお招きいただき、通訳や翻訳の仕事について語る、ということを年に数度している。

本当は一つ授業を受け持たないか、とお誘いいただいているのだが、授業というのは、小学生でも大学生でも同じ。先生は授業に入る前に予習、資料集めなど様々な準備をして、授業後も小テストや宿題の採点などをする。本当に尊い職業だと思う。だからこそ、中途半端にお引き受けできない。今の自分では実り多いコースにすることは難しいと思い、年に数度のコースのみお引き受けしている。

特別授業の場合には「内容はお任せしまーす」と明るく言われる。日本語を勉強中の学生さんにとって生身の日本人と日本語で触れ合う機会そのものが貴重かもしれないな、と思うので、自分が通訳として日系企業に勤務していた4年間の経験の中から楽しかったことや大変だったことを語ったり、ミニゲームをしたりして、あっと言う間に2時間が過ぎた。前回までは2時間は長すぎる・・・と汗をかいていたのに、ようやく少し慣れてきたのだろうか。

一人の男子学生が言った。日本語学科の9割は女の子だが、数名の男の子もいるのだ。
「僕にはなりたい職業がありますが、それには英語も必要です。僕は英語が苦手なので、その職業は無理です。だからやりたくないけれど、通訳にならなければなりません。」
日本語学科で学ぶ学生さんは全員何らかの形で語学の能力を生かす職業を希望していると思っていたので、彼のような学生もいるというのは全く新しい発見だった。
「通訳はやりたくありませんが、給料は高いので、我慢できる・・・かもしれません。」
「就職活動まであと半年以上もあるんだから今から英語の勉強してなりたい職業目指してみたら?」
と言うと、「ああそうですねぇ」とうなずいていた。
続いて質問。
「会社で働く時には外見を見られますか?」
髪はフワフワのパーマで茶色い。おしゃれな学生さんである。
「それはもちろんです。会社で働くのであれば、外見というのもとても大切ですよ」
自分がいじわるばあさんにでもなった気持ちで言うと、男子学生は頭を抱えた。
「あぁ、僕は卒業したくありません・・・」

・・・かわいいなぁ。
通訳、旅行ガイド、フライトアテンダント、彼らの夢は様々。キラキラした目で日本語を勉強している彼らは、社会に出て会社という枠の中で自分の能力を発揮してイキイキと働くことを知るだろうか。それとも、別の方法で自分を表現する方法を見つけるだろうか。どちらにしても磨けば光り輝く原石たちが良い職場、良い先輩と出会って自分なりの道を歩んでいけることを願った。

Posted by てんも at 10時50分

コメント

私の旦那は観光科(?)だったんだけど、
なかなか仕事がないらしく私と出会う前の仕事はコンビニの店員だったらしいです。
みんながんばって欲しいなあ。

noina 2006年08月22日 16時43分 [削除]

てんもさんってアージャンだったんですね。仕事に使うとなると,語学プラスある種の専門知識やスキルを求められるから,ほかの職種より努力が倍のような気がします。みんなこれから,もっと大変なことが続くと思いますが,がんばってほしいです。難しい日本語をよく選択したと思う。

ポォ 2006年08月22日 16時56分 [削除]

語学のスキルが 必要な仕事って人と接する機会が 多いので営業職みたいに服装とか大事なんでしょうね
ボクは 開発だったんで服装自由でしたけど...
変な格好してても「デザイナーだからしょうがない」的な一種の偏見で許してくれてたし

Jonny 2006年08月22日 17時36分 [削除]

日本語を勉強しているとしても、どういう職業に尽きたいのだろうか?
観光ガイド、日系企業の社員、日本人相手の商売、会議の同時通訳まで様々あるし、通訳にしてもどういう分野を得意としたいのか。人気の仕事はあるのか。
次回の話のタネにもなります。

うっち 2006年08月22日 22時39分 [削除]

フワフワのパーマの可愛いタイの男子大学生の写真がみたい。

wakaba 2006年08月23日 09時44分 [削除]

noinaちゃん
日本語科の場合は完全な売り手市場だから就職先がないということはないみたいだけれど、それでも青春の悩みはつきないみたいだったよ。

ポォさん
アジャーンなんてとんでもないです。
4年間学校で勉強しただけにしては、みんなとても上手に日本語を使いこなしていたよ。
それと会社で必要とされる日本語との間にはかなりの差があるけれど、そこは根性でがんばって欲しいです。

Jonnyさん
通訳はパーティの司会者の様にフォーマルな場所での仕事も多いので、やはり服装には気を遣います。
デザイナーさんやアートの世界の人は許される場合が多そうですね。そうか、それも一種の偏見なのか。

うっちさん
わーい。次回の話のタネありがとうございます。(*^_^*)
日系企業の通訳さんは初任給が毎年ぐんぐん上昇してますね。

wakaba
次回写真を撮っておきます。色白で可愛いんだよ。

てんも 2006年08月23日 10時49分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2006


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー