タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年03月17日(金)

タイと関係のない元祖・人生における100のリスト [タイで生活]

もともとは、「人生における100の野望」ではなく、
死ぬまでにやりたい「100のリスト」。

提唱者はロバート・ハリス。
彼はこの100のリストのアイディアと旅先のカルカッタで出会った。自分が死ぬまでにやってみたいことを、どんどん書き出してみると、自分でも気づかなかった自分の強さ、弱さ、可能性など、己の根っこの部分と遭遇できるという。

この「100のリスト」の話が、
「最近、面白いことしているんだ」という友人に教えてもらったときにはなぜか「人生100の野望」という名前に変わっていた。

でも、「野望」という言葉のチャレンジングな響きが気に入って、本来は「リスト」と呼ばれているということを知ってからも、私は「野望」という言葉を好んで使っている。

やりたいこと、やってみたいことを100個あげるのは意外に難しい。抽象的に書いていくと、すぐに終わってしまうから、どうしても具体的に個別に書かざるを得ない。それが、いいんだな。具体的に書くと、自分の中でそのイメージをしっかりと描くことができる。

100のリストは、いつ書き始めてもいいし、その時々の自分に合わせて自由自在に変えていって良い。
昨日の「婦人」という言葉の似合う奥様になる。
という野望(まさしく「野望」だよなぁ)を加えた新しいリストを、もう一度整理してみようかな。

Posted by てんも at 07時55分

コメント

確かにやってみると、やるべきことが具体的に頭に入ってきました。たまに見返してみるといい軌道修正ができそうな感じ。手帳に書いたので、また暇なとき続きやってみます。(会議中なにやってんだか、ですね)いいもん教えてもらいました。。

きょ 2006年03月17日 16時54分 [削除]

きょは、まだあの手帳を愛用しているかな?(*^_^*)
会議中にせっせとリスト作成に没頭する姿が眼に浮かびます(笑)
手帳に書くと、いつでも見返すことができて便利だね。

てんも 2006年03月18日 00時32分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー