タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年04月30日(日)

1年に1度の昇給の季節 [タイで仕事]

わが社では毎年の4月を昇給の時期としている。
昨日が新しい給料で支給した最初の日。
心なしか、みんなの顔もいつも以上にニコニコ。

一般的に言って、若いタイ人従業員の場合、3%とか4%とかの率で昇給していくと、毎年の昇給が数百バーツにしかならない。
しかし、そこに昇格が加わると、一気に給料がアップする。

たとえば、ある会社では、こんなシステムになっている。
初任給8000バーツで入社して、2年間スタッフとして働いた後、スーパーバイザーに昇格すれば、スーパーバイザーのスタートは12000バーツ。一気に3000バーツほどの昇給が実現できる。

でも、数多いスタッフの中で昇格できるのはほんの一握り。
昇格できなかったスタッフは涙を呑んで、数百バーツの昇給に甘んじる・・・わけがなくて、それまでの経験を売りに、別の会社でもっと上の地位、もっと多い給料を目指す。

そういう構造なので、タイ人は転職が多い、というのも一概に転職する人だけを責めるわけにはいかない。
さらには、その職場がどれだけ働きやすいか、働きがいがあるか、そういう要素だって重要なのだから。

さて、今年のわが社は、以前からスタッフの頑張りに見合うように
「これくらいは出してあげたい」
と考えていた額があったので、いろいろ検討した結果、そこに落ち着いた。

数千バーツのアップと言うわけにはいかないけれど、そこそこのアップ。

まだまだ、「それくらいは自分で解決してほしい」っていうところで「できません」とあきらめるのが早かったり、
まさかと思うところで妙なミスをされてびっくり仰天させられたり、いろいろあるけれど、それでも彼女達は本当によく働いてくれている。

仕事が終わらなければ、家に持ち帰ってやってくる。
忙しい時期には言わなくても休日出勤してくれる。
しかも、それを当然のことと思っている。

そんな彼女達に支えられて、ここまで来たな、と感謝の思い。
また1年間頑張って、来年はもっともっといっぱい給料を支払えるように、会社も頑張らないといけないし、彼女達自身も成長しなければいけない。
そして、その両方を実現させるためには、私自身ももっともっと大きく成長しなくてはいけない。
そんな決意を新たにした。

Posted by てんも at 20時12分   パーマリンク   コメント ( 7 )

2006年04月29日(土)

タイのリサイクル事情 [タイで生活]

タイで暮らすようになってしばらくした頃。
「ゴミ箱に入っていたよ」
とご近所さんが私が捨てた洋服をわざわざ持ってきてくれたことがある。

私は、もう汚れてしまって着られないので捨てたのだが、
ご近所さんの目から見たら、どこも破れていないし、まだまだ着られるので、ゴミ箱に入っているのは何かの間違いだ、と思ったらしい。

私が捨てるゴミは、ご近所さんにとっては、まだまだ使えるものばかり。

私にとってはストレスだった。
ゴミぐらい自由に捨てさせて!いちいち人の捨てたゴミをのぞかないで!
と思ったが、ご近所さんにしてみれば、まだまだ使えるものばかりで、捨てるのならもらっちゃおうという気持ちだったらしい。

親戚の人が諭すように教えてくれた。

タイはね、物を持っていない人は本当に何も持っていないの。
恵まれない人たちは、服のよごれは気にならない。着られればいいのよ。

あれから7年。

今は自分なりのリサイクル手順を確立した。

古着や古くなった毛布、クッション、故障した家電製品その他、中古市場ではまだまだ価値のある物については、マンションのゴミ箱の隣に、それと分かるように置いておく。
半日もたたず、掃除のおばちゃんたちが喜んで持っていってくれる。自分の家で使ったり、どこかで売ってお小遣いにしたり。

子供服は、おじいちゃんの職場の人に引き取ってもらう。
日本の友人が送ってくれたお古の洋服など、日本製の服は、我が家でお世話になって、日本的に見るともうヨレヨレでくたびれてリサイクルにもまわせないのだけれど、タイ的に見ると、まだまだ使える、しかも日本製で価値のある部類に入る。

だから、我が家の古着は毎回大人気なのだとか。

そのまま捨てるよりは誰かにもらってもらう方がいいよな。
喜んでもらってもらえるのならば、嬉しいことだと思う。

Posted by てんも at 15時45分   パーマリンク   コメント ( 10 )

2006年04月28日(金)

日本はそろそろ連休に突入 [タイで生活]

カレンダーを見ていて、日本はそろそろゴールデンウィークに突入するのだな、と気づいた。今年は大型連休なのだとか。

タイ在住者は今月すでにソンクラン休暇があったので、どちらかというと「休み明け」という気分だけれど、日本ではこれからなのだ。

でもタイも5月の第1、2土曜日は、仏教系の祝日なので、2週連続して週末が3連休のところもある。
11日も祝日なので、場所によっては4連休かもしれない。
あれ、今度の週末も1日の月曜日が休みだから3日連休だ。
3週連続で週末3連休か。すごい年だ。

長いお休みは、どこに行かなくても普段できないことをしたくなる。窓掃除とか、部屋のレイアウト替えとか。
3週間何をして過ごそうかな。


Posted by てんも at 07時29分   パーマリンク   コメント ( 11 )

2006年04月27日(木)

暑い時こそ長袖を着る知恵 [アメージングタイランド]

さっき食事に出て、どう見てもコートにしか見えない厚手の服を着せられている幼児を見た。
あれはさすがに暑そうだ・・・と思いながらも、

タイに来たばかりの頃、暑いのにジャンパー着ている人がいる!と驚いたことを思い出した。

暑ければ暑いほど、服を薄く、肌を露出させ・・・と考えるのは、本当に暑い国の人ではない。
本当に陽射しがきつい国に住んでいる人は、避けるべきは直射日光ということを知っていて、長袖を着る。

だけど、その長袖はあまりにも・・・という厚手の服を無理矢理着せられている子供もたまに見かけたりして、暑い国なのに直射日光避ける目的の専用長袖服が売られていないなぁと思ったりする。

セブンイレブンの前を通りかかれば、入り口のドアが開けられたままで中は真っ暗。
真昼間から停電である。
店員さんが雑誌でパタパタあおいでいるのを見て、余計に暑さを感じた。

・・・夏だなぁ。

Posted by てんも at 15時17分   パーマリンク   コメント ( 8 )

2006年04月26日(水)

モーリさんが帰ってきた [タイで生活]

モーリさん(夫の母)が韓国旅行から帰ってきた。
空港まで迎えに行ったぷーちゃんの話によると、空港から家までの2時間近く、旅行についてしゃべりっぱなしだったらしい。
家に戻ってきたぷーちゃんはぐったりしていた。

モーリさんは、お姉さんと従兄弟と4人の女だけの旅を楽しんで来たのだ。にぎやかに旅する様子が目に浮かぶようだ・・・。

お土産は韓国海苔とキムチ。どちらも大変美味。
モーリさんが言うには、同じようにツアーで旅しているのか、ガイドさんに連れて行かれたみやげ物屋はタイ人だらけだったとか。タイでも海外旅行が身近になっているということだろうか。

かなり豪華な旅だったようで、毎日違うホテルに宿泊、4泊5日で韓国各地を回ったらしい。パッケージツアーらしく、旅行中に撮影した写真をアルバムにして売っていたという。4人で楽しげに写真に納まっている。冬ソナの記念館のようなところにも行ったらしい。

最近の日本では、パッケージツアーよりも個人で自由に旅行する方が人気が高いかもしれないけれど、ガイドブックをチェックしたりカメラを持ち歩いたりすることがあまり得意じゃない人はモーリさん達のようにお友達や気の合う仲間と一緒にワイワイやりながら、ガイドさんに観光名所を案内してもらう旅というのも、いいかもしれないな、と思った。

Posted by てんも at 01時57分   パーマリンク   コメント ( 5 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー