タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年04月18日(火)

パン屋さんの決断 [アメージングタイランド]

ピザカンパニーや、ブラックキャニオンなどに囲まれて、
いまいちパッとしないパン屋さんがあった。

タイのパンを代表する

イースト菌の良い香が全くしない
それどころか、防腐剤だかなんだか知らないけれど、吐き気を催すようなひどい匂いがする

パンとは言えないパンを置いている割に値段は結構高かったので、うちでは全く利用していなかった。

先日、そのパン屋さんが大変身を遂げた。
なんと、販売するパンの種類を1つに絞っていた。
思い切った決断である。

パン屋さんが選んだのは、メロンパンのコーヒー味版。
そう、バンコクで人々がわざわざ列を作って並んで買うという、噂のローティー・ボーイに「似ている」パンである。

ローティー・ボーイでは「ない」。

ローティー・ボーイに「似た」パンだけ並べて売る。
その勇気にまずは脱帽。

と同時に、いつまでもつんだろうか、という不安も。

オシャレなバンコクっ子の間で好まれているというローティー・ボーイだって、その寿命はそれほど長くないと思う。
熱しやすく冷めやすいのは日本と同じかも。
それなのに、ローティー・ボーイの存在すら知らないチョンブリ地区の人を相手に1個25Bのパンがどれほど売れるのだろうか・・・??

ちなみに私は1個食べてもおなかいっぱいにならず、10Bならまた買うけれど、25Bだと多分もう買わないと思った。

パン屋さんの健闘を祈る。


Posted by てんも at 07時43分   パーマリンク   コメント ( 7 )

2006年04月17日(月)

良い休日を過ごすことができた [タイで生活]

去年のソンクランは日本で過ごした。
今年は久しぶりのタイで迎えるソンクラン。

毎年交通事故が多発するし、どこに行っても混むので特に予定は入れず、レンタルしてきたDVDを見たり、昼寝したり、のんびりと過ごした。

一日バンコクに出かけて日本食材の買出し。
シーラチャにも日本食材はあるけれど、やはりバンコクの品揃えにはかなわない。

今回の短期日本帰国でも食材を持ち帰ってきたけれど、一度に運べる食材には限りがあるし、なによりも、食材には賞味期限がある。そんなことを考えると、輸入品で割高なことを考えても、食材はタイ国内で購入してもいいのかもしれない。
以前は、マヨネーズもケチャップも、日本で買った方が安い!と、かたくなにタイ国内で買うことを拒否していたけれど、最近こんな風に考えが変わってきた。

久々の伊勢丹の5階は以前キッチン用具などを置いていた場所がお惣菜コーナーになって、より多くの日本食を販売していた。

日本のソフトクリームが食べられるコーナーもできていた。

今回はおなかいっぱいだったので値段も見ないで帰ってきたけれど、やはり「高級」の部類に入る値段だと思う。
それでも。
日本に帰る費用を考えたら、たまにバンコクで割高の日本食在を買ってソフトクリームを楽しむ贅沢っていうのもありかもしれない。
ありがとう、伊勢丹。

さ、休み明け。
気分も新たに、楽しく仕事しよう。

Posted by てんも at 00時29分   パーマリンク   コメント ( 6 )

2006年04月16日(日)

エアコンの適正台数は? [タイで生活]

暑い。
ソンクランの時期だから、当たり前である。

それにしても、暑い。

クーラーが効かない。
見ると設定が25度になっている。
この温度だと効かない。20度に落としたら、ようやく少し涼しく感じるようになった。

我が家は寝室にエアコンが一台。他の部屋にはない。
毎年、ただテーブルに座っているだけでも汗が出てくるこの時期になると、リビングにもエアコンをつけようか、という話になるのだけれど、それも数週間のこと。

暑さが一番厳しい時期を過ぎてしまえばエアコンは夜寝るときに少しつけるだけで過ごせるようになる。
結構風通しの良い住宅なのだ。

先日この話をしたら、元在タイの方に驚かれてしまった。
その方は駐在でタイにいたので、住んでいたのも外国人向けの住宅。全室に冷房完備である。
その方が「そんな家(エアコンが1台しかない家)に住んでいる日本人の話は始めて聞いた」
と言うので、私も驚いてしまった。

タイ家庭におけるエアコンの適正台数について考えるに、やはりここにも歴然とした階級差が現われるのだなぁと思った。

Posted by てんも at 07時25分   パーマリンク   コメント ( 9 )

2006年04月15日(土)

ご婦人への道はやはり結構遠いのだった [タイで生活]

今年のテーマはずばり「ご婦人」
白い帽子が似合う、さわやかなご婦人になることが目標。

そこに、この暑さである。
結んでも首の辺りについてしまう長い髪の毛を切りたくなって、美容室に駆け込んだ。

「先生」と呼ばれている貫禄あるおじちゃんが、
「おー、すごい髪の量だ」
と驚きながら、ばっさばっさと数年かけて長くなった髪を数分で切ってしまった。

肩より少し下をイメージして「これぐらい」と伝えた。

たしかに、仕上がりの髪のスソは肩より下だった。

しかし、おじちゃんは、髪の量が多いことを心配してか、髪全体を「ソーイ」してくれた。つまり、すいてくれた。

長年髪を短くしてなかったのでうっかりしていたけれど、私の髪はこれをされるとだめなのだ。
ぬれている時はいいけれど、乾いてくるとブワッと爆発状態。
いわゆる「プム・フー」な状態になってしまう。

それに気づいたのが翌日の朝。

「これはまずい」

すぐに今度は別の美容院に駆け込み、
「ユート・ターウォン」をお願いする。ストレートパーマである。
時間とお金がかかるので、できるならやりたくなかったが、こうなってしまっては仕方ない。

今度は長髪でハンサムなお兄さんが、髪の毛をじっくり観察して
「とても健康な髪ですね」と言ってくれた。
ものは言い様である。
「ポム・ナー ナ」
と言われ続けてきた私にはかなり新鮮で嬉しい言葉だった。

そして、長めの時間をかけてじっくりとパーマ液を浸透させてくれた。
こんな家の近くに、こんなに髪質のことまで考えながらケアしてくれる美容室があったとは、知らなかった。
嬉しい発見である。

完成後、お決まりの注意事項を伝達される。

3日は、シャンプー禁止。髪を水でぬらしてはいけません。
髪をしばっても、耳にかけてもいけません。

・・・そんなこと言われたら、仕事になりません(泣)

4時間で1800バーツの出費。

やはり、ご婦人への道は簡単ではなかった。

Posted by てんも at 23時26分   パーマリンク   コメント ( 5 )

2006年04月14日(金)

時間効率を最大限に高める [タイで仕事]

自分が3人いたらな、と思う。

料理や家事担当の自分。
子供の勉強をみたり、本を読み聞かせたりする育児担当の自分。
そして、ビジネスに全力投球する自分。

それぞれの自分が役割をローテーションしていくことで、かなり充実した生活になると思う。

でも、現実にはそんなことはできないわけで。
それでは、どうするか。やりたいこと、やるべきことは山積み。
そして時間は誰にも平等に1日24時間。
睡眠時間を削ると、昼間の作業能率が落ちることも分かっている。

たどり着いた結論が、時間効率を最大限に高めること。

一分一秒を最大限に有効に使えば、自分が3人いなくても、両立はできる。
仕事をしている時、掃除をしている時、今以上に集中力を高めて、効率よくこなしていけばいいのだ。

Posted by てんも at 10時47分   パーマリンク   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー