タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年04月04日(火)

アンチタクシンの旗 [タイで生活]

なじみの食堂に入ったら、黄色い三角旗が店の真ん中に貼ってあった。
言わずと知れた、アンチタクシンの旗である。

ふ〜む。この店は、反タクシン派なのか。

サービス業で政治的な主張をしてしまうのは売り上げを考えると危険なことだと思う。
この旗を見たら、タクシン派のお客さんは不愉快になるだろう。

それでも貼らずにはいられないほど、タクシン首相に対する憤りを感じているのか。
それとも、バンコクでの座り込みに参加できない代わりにせめて自分の店に旗を張ってみたのか。

反タクシン派の座り込みの参加者の中には仕事を休んで参加する人、または仕事が終わってから急いで駆けつける参加者もいるらしい。

国が真っ二つに分かれてしまったこの騒動。
いよいよ選挙だけれど、選挙で混乱が騒乱に発展してしまうのか、それともうまく収まるのか。

そろそろ国が一つになって、国王即位60周年をお祝いできるようになるといいな。

Posted by てんも at 23時59分   パーマリンク   コメント ( 4 )

2006年04月03日(月)

日タイビジネス支援サイト「ビジネス・タイランド」 [タイで仕事]

高校の同級生がバンコクに駐在していると知ったのは、つい最近のこと。
せっかくだから一緒に食事しよう!と海辺のシーフードレストランで再会した。

ラガーマンだった彼は、相変わらずたくましく、バンコクでガンガン仕事をしているのだろうな、と活躍ぶりがうかがえた。そして、優しい内面もそのままだった。

駐在2年目に突入し、タイのことがますます好きになった、と言う彼の言葉がとても嬉しかった。

その彼が言っていた。
タイに来る前は、タイに対して全く違ったイメージを持っていた、と。
きっと、タイに来る前は、一体どんなジャングルなのか、と不安に思ったと思う。

確かに、テレビでもタイの旅などが放送されて、ずいぶんとタイの情報は日本で入手することができるようになったけれど、それは観光の国としてのタイ。象の背に乗り、タイ古式マッサージを受け、スパでリラックスする。

だが、駐在する上でまたは夫の駐在についてタイで生活する上での情報は、日本ではなかなか入手できないのが実情だな、と思った。

そこで。

タイで生活する上で役立つ情報。
タイでビジネスをする上で役立つ情報。

そういった情報を提供するサイトを作ってみた。
ビジネス・タイランド

タイに駐在が決まった人とその家族。
タイ人と結婚してタイに住むことになった人とその家族。

不安を抱えている人が、「タイって、そうなんだ」と安心してくれるような、そんなサイトを目指していこう。

Posted by てんも at 01時18分   パーマリンク   コメント ( 4 )

2006年04月02日(日)

メガネ屋さんにビルを貸したタバコ屋さんの話 [タイで生活]

タイでもメガネ屋さんをよく見かける。
どの店も、いつのぞいても、とっても静か。
なのに結構広いスペースでゆったり商売をしているように見える。

いつも買い物する通りにも一軒のメガネ屋さん。

ふと中を見ると、店員の女の子5人が入り口近くの椅子に座って仲良く外を見ている。
もちろんお客さんはいない。

彼女達の人件費、クーラー代・・・
メガネ屋さんは一体どこで売り上げを得ているのだろうか。

そしてそのメガネ屋さんの前で、小さな机に飴やタバコを並べて売っているおじさんが一人。

飴はたしか、2個か3個で1バーツ。
一日の売り上げで100バーツいくのかなぁと心配になる規模の小さなお店。
でも、このおじさんの心配は無用なのだ。
実はおじさんはメガネ屋さんが入居しているビルのオーナーで、暇だから、と、自分のビルの前でお店を出して、通行人との会話を楽しんでいる。大家さんである。

ニコニコ通りを眺めているおじさんを見ると、
「お!大家さん!」
と嬉しくなる今日この頃。

Posted by てんも at 01時53分   パーマリンク   コメント ( 4 )

2006年04月01日(土)

高所恐怖症がプールで困ったこと。 [タイで生活]

高所恐怖症である。
駅のホームとか、プールサイドとか、結構怖い。
高い階段を下りるのは足がすくむ。

高所恐怖症はこんなところも怖いのか!と自分で自分を再発見したのが、最近通っているプール。

このプール、床が斜めになっていて、浅いところから深いところへと床が下がっている。
浅いところは160Cmの私がようやく頭が出るくらい。140CMは
あるだろうか。
そして、深い方これが、シンクロの練習ができるんじゃないか、というくらい。3Mはあると思う。

浅い方から、深い方へ向かって泳いでいくと、床がグングン遠くなる。そして気づくと、ずいぶんと上の方を泳いでいる自分がいる。
これは結構おろそしい。

・・・初めて泳いだ時は恐怖のあまり、泳ぎながらUターンして浅い方に戻ろうかと思ってしまった。

高所恐怖症は、プールの床にも恐怖を感じるのだな、とわれながら関心した出来事だった。

Posted by てんも at 02時47分   パーマリンク   コメント ( 4 )

2006年03月31日(金)

タイのプール事情 [タイで生活]

タイでプールに通うようになって、気づいたこと。

プールに入る前に足と腰を洗うコーナーがない。
シャワーがあるので、軽くシャワーを浴びてからプールに入る人もいれば、そのまま飛び込んでいる人もいる。

プールに入る前に準備体操をしている人がいない。
手首回したり、足をぶらぶらしたり、そういう準備体操をせずにいきなりプールに入っている。

目を洗う場所がない。
小学生の時、プールから出たら目を洗いましょうと、水道水が目の位置にあわせてピューッと飛び出てくる洗顔専用の水道があったけれど、あれがない。

プールの前に屋台が出ている。
子供達が水着のまま焼肉を買ってきて、プールサイドで食べている(*^_^*)

帽子と水中眼鏡は必須アイテム。
意外にもこの2点セットは必須アイテムになっていて、忘れたら貸してくれる。
先日は、水着を忘れたといって、水着を借りているおばちゃん発見。

全体的に、おおらかに、老若男女水中で体を動かしたりぷかぷか浮かんだり、泳いだり、を楽しそうにしている。

Posted by てんも at 12時03分   パーマリンク   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー