タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年04月15日(土)

ご婦人への道はやはり結構遠いのだった [タイで生活]

今年のテーマはずばり「ご婦人」
白い帽子が似合う、さわやかなご婦人になることが目標。

そこに、この暑さである。
結んでも首の辺りについてしまう長い髪の毛を切りたくなって、美容室に駆け込んだ。

「先生」と呼ばれている貫禄あるおじちゃんが、
「おー、すごい髪の量だ」
と驚きながら、ばっさばっさと数年かけて長くなった髪を数分で切ってしまった。

肩より少し下をイメージして「これぐらい」と伝えた。

たしかに、仕上がりの髪のスソは肩より下だった。

しかし、おじちゃんは、髪の量が多いことを心配してか、髪全体を「ソーイ」してくれた。つまり、すいてくれた。

長年髪を短くしてなかったのでうっかりしていたけれど、私の髪はこれをされるとだめなのだ。
ぬれている時はいいけれど、乾いてくるとブワッと爆発状態。
いわゆる「プム・フー」な状態になってしまう。

それに気づいたのが翌日の朝。

「これはまずい」

すぐに今度は別の美容院に駆け込み、
「ユート・ターウォン」をお願いする。ストレートパーマである。
時間とお金がかかるので、できるならやりたくなかったが、こうなってしまっては仕方ない。

今度は長髪でハンサムなお兄さんが、髪の毛をじっくり観察して
「とても健康な髪ですね」と言ってくれた。
ものは言い様である。
「ポム・ナー ナ」
と言われ続けてきた私にはかなり新鮮で嬉しい言葉だった。

そして、長めの時間をかけてじっくりとパーマ液を浸透させてくれた。
こんな家の近くに、こんなに髪質のことまで考えながらケアしてくれる美容室があったとは、知らなかった。
嬉しい発見である。

完成後、お決まりの注意事項を伝達される。

3日は、シャンプー禁止。髪を水でぬらしてはいけません。
髪をしばっても、耳にかけてもいけません。

・・・そんなこと言われたら、仕事になりません(泣)

4時間で1800バーツの出費。

やはり、ご婦人への道は簡単ではなかった。

Posted by てんも at 23時26分

コメント

「婦人」には誰でもなれる。
しかし「夫人」は誰にでもなれるものではない。
ボヴァーリー夫人、チャタレー夫人、デビ夫人、、、、、。

イサーン太郎 2006年04月16日 07時01分 [削除]

イサーン太郎さん
夫人かぁ・・・
はっ! 私もすでにぷーちゃん夫人なので、これ以上は無理ですぅ・・・。

てんも 2006年04月16日 07時24分 [削除]

私もちょっとあやふやだったので辞書を引いてみました(大辞林)。

【婦人】
(1)成人した女性。女性。おんな。
「―の地位を高める」「―服」「御―方(がた)」
(2)古く、特に結婚した女性のこと。

【夫人】
(1)他人の妻を敬っていう語。奥様。
「 A 氏―」「―同伴」
(2)貴人の妻。
「公爵―」
(3)〔「ぶにん」とも〕律令制で天皇の後宮の一。皇后・妃に次ぎ、諸王・諸臣から出、一位から三位の位を授けられる。定員三名。平安期以降は、妃・嬪(ひん)の号とともに次第に用いられなくなり、中宮・女御(にようご)・更衣などの称が一般的になる。おおとじ。

やはり夫人のほうが婦人よりワンランク上かな。

イサーン太郎 2006年04月16日 08時17分 [削除]

3日は、シャンプー禁止 って、あーた、
それもツライでしょ。
アラスカならともかく、タイだし・・・

たちの 2006年04月17日 14時53分 [削除]

たちのさん
そうなの。3日って、結構長いのよ・・・(>__

てんも 2006年04月18日 07時40分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー