タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年04月07日(金)

年をとったときに頼りになるのは [タイで生活]

実は現在日本に潜伏中である。
仕事で単身やってきたので、短期間の滞在。もうすぐタイに戻る。

海外で生活していると、心の片隅で気になるのが、自分の「帰る場所」のこと。
いつかは親もいなくなり、実家がなくなったり、実家には兄弟姉妹の家族が住むようになると、「帰る場所」がなくなるのではないか。

自分の帰る先であった場所が、自分にとってあまりなじみのない場所に変わっていってしまう。
自分の国に帰るのに、どこか「お客さん」の立場としてホテルに宿泊するようになるのかもしれない。

帰る場所を失う恐怖。

もちろん、日本国内にいても同じ気持ちを持つと思うけれど、海外にいると、帰る場所を失うということはことさらに寂しいことに思える。

今回短期間の滞在であることもあって、実家には泊まらなかった。友人宅に泊めていただいた。

「鍵も用意しておくから、いつでも帰ってきてね」と言ってくれた友人の言葉がどれほどありがたかったか。

あらかじめ帰国を伝えておいた数人の友人からは立て続けに、食事のお誘いをいただいた。帰る場所を失う恐怖を抱えていた私にとって、このお誘いは心強く、嬉しいものだった。

結局のところ、離れて暮らしながらも、人生を励ましあって一緒に歩んでいけるのは同世代の友人かもしれない。
友達のありがたさを実感した短い帰国だった。

Posted by てんも at 00時00分

コメント

てんもさん、帰るところは自分の家族がいるところ(タイ)じゃありませんか。とは言え、故郷はよいですよね。
ところで、GWにタイに行くことにしました。

うっち 2006年04月08日 00時26分 [削除]

私がタイの主人と結婚するとき、仕事の関係で知り合ったすでに成人したお子さんのいらっしゃる、やはりタイの方と結婚された日本人の女性から、ものすごく、タイで暮らすことと、日本にかえっても、だんだん家族や知り合いが少なくなって寂しい思いをするよといわれたことがあった。当時はたいして重く考えなかったけど、
今は実感している。でも、てんもさんにはたくさんの頼れるお友達がいていいな。

ポォ 2006年04月08日 00時48分 [削除]

うっちさん
本当はそうなんでしょうね。
次回は、少しぐらい間が空いてもいいので、家族全員で日本に行こうと誓いました。

ポォさん
将来寂しくなるよ、と言われても、だからと言って結婚やめます。タイで暮らすことをやめます。という訳にもいかないものね。
どんな場所にいても、そこの生活と人生そのものを楽しんでしまう、そんなたくましさを身に付けたいね。

てんも 2006年04月08日 08時05分 [削除]

うんうん、同じ気持ちだよ☆

ベンジャロン 2006年04月08日 15時53分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー