タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年03月29日(土)

白竹春緑茶 [タイで生活]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

白竹春緑茶

今回は、白竹春緑茶、という読み方も分からないお茶をいただいた。でも、緑茶と書いてあるので、緑茶なんだろう。

茶葉の香りが非常に濃い!!

お茶好きのご近所さんは、仕事上中国とのやり取りがあり、お土産にお茶をもらうことが多いのだという。
そしていつも我が家に「2個もらったから1個あげる」と、分けてくれるのだ。太っ腹なご近所さんに感謝。

最近はもっぱら人参烏龍茶を飲んでいたけれど、この緑茶もすっきりさっぱり、暑さを乗り切る元気をくれそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

白竹春緑茶

Posted by てんも at 00時07分

コメント

客先を訪問するとコーヒーか水を出して頂きますが、でも
コーヒー、紅茶よりも美味しい緑茶を出してもらうのが
一番嬉しいですね。
以前砂糖が溶け切れずにカップの底に沈殿している甘ーい
インスタントコーヒーを出して頂いた事が有って、残しては
申し訳ないと、何とか飲み切ったらすかさずお代わりを
出してくれました。
また飲まなくてはならないかと思うと泣きたくなりました。

うえの 2008年03月29日 14時12分 [削除]

中国は烏龍茶が有名ですが、一般的にいちばんよく飲まれているのは日本と同じように緑茶です。中国の緑茶は日本の緑茶を淹れる要領で淹れてください。烏龍茶を淹れるときのように熱湯は使わないで60から70度で淹れてください。

イサーン太郎 2008年03月29日 14時31分 [削除]

うえのさん
ふふふ・・・。その時のうえのさんの泣きたい様な表情が目に浮かびます・・・。
「残しては申し訳ない」と思う心ってすごく素敵な心遣いだと思います。

イサーン太郎さん
ついうっかり熱湯でいれてから、その後60度で入れなおしたのですが、あれほど香りが変わるものなんですね。驚きました。
紅茶も烏龍茶も緑茶も、元は同じ葉っていうのも驚きです。

てんも 2008年03月31日 13時35分 [削除]

プーアル茶は黒茶とも言います。これも同じ茶葉です。中国には緑茶、青茶(これがいわゆる烏龍茶)、白茶、黄茶、紅茶、黒茶がありますが、その違いは茶葉の発酵をいつストップさせるかです。プーアル茶は後発酵茶といって、発酵させた茶葉をさらに発酵させて作ります。

イサーン太郎 2008年04月02日 20時27分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー