タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年02月08日(日)

屋台の営業日 [タイで生活]

せっかく大発見したクリスタル麺の屋台は、最近店を休むことが多い。せっかく友達を連れて行っても営業していないことがある。

・・・嫌な予感がする。
これまでに何度、このパターンでお気に入りの屋台が消えていったことだろう。
ショウガスープ入りのゴマ餡白玉団子の店も、野菜たっぷりを一口サイズに太麺で包んだクイッティアオ・ロートの店も、とろけちゃいそうなクッキーを置いていた屋台も・・・。

店を手伝う人がいない、作る人が病気になった、それぞれに理由はあるものの、「店を休みがちになる」というのが共通のパターン。そのうち、店をたたんでしまうのだ。

地元の人に親しまれている「老舗」の屋台や食堂はどこも、定休日以外は必ず営業している。雨が降っても風が吹いても、熱があっても風邪をひいても。

屋台は「味」が勝負。でもそれだけじゃない。
「継続」できるかできないか、それも非常に大きな要素何だと思う。

Posted by てんも at 00時14分

コメント

テンモさん

何か、幻の麺になりそうな感じですね!
おいしい物は作り方を教授してほしいですね!

        T−まーちゃん

2009年02月08日 07時09分 [削除]

私も食べられなくて残念です。
屋台で生活している場合は長続きするけど、小遣い稼ぎだと継続は難しいですね。

うっち 2009年02月08日 10時47分 [削除]

T-まーちゃん
ほんとに、このままだと幻の麺になっちゃいそうです〜。そうならないことを祈ります。

うっちさん
あそこの麺は結局まだ誰にも紹介できてないです〜。

てんも 2009年02月08日 23時32分 [削除]

続けられるかどうか、って他のいろんなことにもあてはまるよね。

きよ 2009年02月09日 18時48分 [削除]

きよ
うん。「継続」って簡単そうに見えて実は一番難しくて、大切なのかもって思い始めたよ。

てんも 2009年02月12日 11時20分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー