タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年07月31日(木)

ついに言えた! [タイで仕事]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

ついに言えた!

公共料金をおまけされてしまう、見た目で得する期待の新人が登場して早くも4ヶ月が経過した。

彼は書籍やホームページのデザインの仕事を担当している。もちろん日本語は話せない。

そんな彼がとまどっていた習慣が一つ。それは日本語の挨拶。オフィスでは、誰かが外にお使いに行くたびに日本語で挨拶が交わされる。
「行ってまいりまーす」「行ってらっしゃーい」
「ただいまー」「お帰りー」

スタッフは、挨拶というより「山」といえば「谷」のような暗号の意味で面白がって使っている。

期待の新人は、これができなかった。
英語も苦手な彼に、いきなり日本語を使えと言うのも無茶な話だ。語学に苦手意識を持っている人にとっては、外国語の響き自体が苦痛かもしれない。そうでなくともオフィスにはいきなり日本語で電話を始める私がいたりして、彼にとっては未体験な異空間のはずだ。だから余計なストレスを与えないためにも、無理強いせずにそのままにしていた。

ところが昨日。
思いついて試しに昼食から戻った彼に「おかえり〜」と声をかけると、一瞬の間の後に、「ただいま〜」と言うことができた。すごいじゃないか。

どうやら、毎日繰り返し耳にしている間に自然に覚えたらしい。
「繰り返し聞くこと」その大切さを改めて認識した。

Posted by てんも at 00時13分

コメント

最近までセマクテとアジノモトしか日本語を知らなかったエンジニア。
毎朝「おはようございます」と声を掛けていたら彼 出張先で
一緒だった他の日本人に朝日本語で「おはようございます」
と言ったそうです。
他にも「有難う」とか「判りました」とかいつの間に覚えたのだろう?
私たちも同じですよね?

うえの 2008年07月31日 01時53分 [削除]

息子がめきめきと日本語を話すようになってから(といっても同年代の子供とは比較にならないけど)、
わがオットも簡単な単語やいいまわしはキャッチしして吸収しているように思える。
やっぱり環境ですよね。

ポォ 2008年07月31日 13時34分 [削除]

うえのさん
相手の国の言葉を覚えるというのは、簡単なことじゃないだけに相手にとっては嬉しいことですね。

ポォさん
自覚して環境を作り上げていくことの大切さを思ったよ〜。旦那さん、かわいい坊やが話す言葉なら、なおさら吸収できるだろうね〜。

てんも 2008年08月02日 19時39分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー