タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年01月09日(金)

唐辛子の辛さ比較 [タイ料理]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

唐辛子の辛さ比較

同じ「辛さ」でも、平気な辛さと耐えられない辛さがある。
そんなことに気づいた。

「辛さの度合い」の違いではなくて、「辛さの質」の違いなのだ。

赤くて大きめの唐辛子や、それを乾燥させたものは「辛さ」が一瞬で終わる。
しかし、世界一辛いというタイ自慢の辛い唐辛子、プリッキーヌーは、辛さがいつまでも尾を引いて、口のヒリヒリがおさまるまで時間がかかるのだ。

だから、麺類に乾燥唐辛子がかかっていても少しぐらいであれば顔を赤くしながらも食べることができる。
でもプリッキーヌーが入った料理はダメだ。いつまで経っても舌が麻痺する、あの感覚が苦手なのだ。
タイ在住10年目にしてようやく少し、唐辛子のことが理解できた。

Posted by てんも at 00時22分

コメント

てんもさん

写真と唐辛子の関係が良く理解できないのですが?

     T−まーちゃん

2009年01月09日 07時25分 [削除]

プリッキーヌーを手に持って中の汁に触わると手の汁に触った
ところの皮膚が痛くなります。これが口の中に入って舌と
触れるのですから舌が麻痺するのは当然ですよ。
料理の中に入っているのに気が付かず、うかつにガブリと
食べてしまって死にそうになった事が何回も有ります。

うえの 2009年01月10日 19時05分 [削除]

T−まーちゃん
写真に特に意味はないです〜。

うえのさん
プリッキーヌーって、そうでした?触ると皮膚が痛くなるんですか!?
苦手な物には近づかないようにしているので、全く知りませんでした。

てんも 2009年01月12日 16時45分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー