タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年01月18日(日)

サラパオ(中華まん)を作る [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

サラパオ(肉まん)を作る

なかなか踏み出せなかった「刺身」に挑戦する勇気をくれた、お料理上手なお友達に、またまた新しい刺激をもらった。
それは「豚まん」。

そのお友達が教えてくれた、豚まんレシピの一部はこんな感じ。

「小麦粉と水と少し塩を混ぜてコネコネして皮を作ったら、手に油塗って、あんを詰める。
あとは蒸し器で10分くらい待つ♪」

こういうレシピが、私には一番しっくり来る。
強力粉何グラム、塩小さじいくつ、・・・と細かい分量を書かれると、それだけで「じゃ、また今度」という気分になる。
それでも最近はみりんやしょうゆをちょこちょこ配合して作るソースもレパートリーに加えることができたのだが、やっぱりお料理スイッチが入るのはこういう素敵なレシピだ。
桐島洋子さんの「聡明は女は料理がうまい」に通じるものがあるじゃないか。

それで、さっそく作ってみた。
餡には白菜、小口ネギとクンチャイ(チャイニーズセロリ)に生姜のしぼり汁を入れてみたのだが、野菜の味は全くせず、香味野菜の大量消費に向いた食べ方だということを発見した。
これから粉の配合を研究して、タイ風のフワフワ中華まんに近い皮を作ってみたい。

Posted by てんも at 00時22分

コメント

あたしも肉まん作りは1ヶ月に2回くらい大量生産します。
もう数ヶ月続けてて、毎回20個くらい作るので、
今ではだいぶ上手になりましたよ。
すぐ買いに行ける距離で売ってれば、わざわざ作ったりは
しないんですけどねぇ。
「小腹が空いた時にすぐ食べられるもの」として、
うちでは常備食になってます。(笑)

ダブル☆パンチ 2009年01月18日 10時55分 [削除]

ダブル☆パンチさん
肉まん作り、楽しいですね!!
たしかに小腹が空いたときに食べられるから便利だし、自分で作れば安心だし♪♪
私もしばらく粉物系に懲りそうな予感です〜。

てんも 2009年01月19日 19時45分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー