タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年07月22日(土)

自分の心がすべてを決めるのだな [タイで生活]

友人と飲茶でおしゃべり。楽しいひと時を過ごしていた。
すると、珍しいことに日本人の親子連れが入ってきた。

ここの飲茶は結構おいしいし、価格も1品17バーツ均一。
シューマイなら、豚シューマイが3個、えびシューマイは2個がセットになってこの値段である。
ついでに私は先日メンバーカードまで作ってしまったので、さらに5%引きしてもらえる。

それはいいのだが、とにかくお店に入ってきた親子連れ。
入り口のところでちょっと戸惑っていた。というのも、その店には飲み物にタイ語のメニューしかなく、飲茶にいたっては席に座る前にガラスケースに並んでいる飲茶を指差して店員さんに蒸してもらうシステム。

そのシステムを知らないと、戸惑ってしまうのだ。

店員さんも、地元の素朴な若い子なので英語も話せず、カウンターから一歩後退して傍目にも外人のお客さんにドキドキしちゃっているのがわかる。気まずい空気である。

よっぽど、「食べたいものを指せばいいんですよ」と言おうと思ったのだけれど、私が座っている位置はカウンターから離れていることもあって、そこまででしゃばっていいものか、一瞬躊躇した。その間に親子連れは店から出て行ってしまった。

すっごくおいしい飲茶なのに。残念だった。

それでシンガポールでの出来事を思い出した。
シンガポールの電車の駅で、乗り放題切符を買うのに並んでいたら、前に並んでいた日本人の女の子二人が
「もうやだよー。また怒ってるよ。シンガポール人怖い」
といって立ち去ったのだ。
そんなことを聞いたのでちょっと怖くなって恐る恐るカウンターをのぞくと、おばちゃんが一人無表情に座っている。
「ハイ」と笑いかけると、無表情が崩れて笑顔を見せてくれた。なんだ、怖くないじゃん。と思った。

相手に笑って欲しかったら、まずは自分から。

言葉が通じないというのはとても怖いことだけれど、人間同士、ボディランゲージだけでもわかることはある。

「怖い」と思いながら接すると、相手もこちらを怖いと思ってお互い怖い顔になってしまう。
「笑顔」で挨拶すれば、相手もほっとして笑顔を見せてくれる。

微笑みの国タイで、笑顔の重要性を感じた。

Posted by てんも at 09時14分

コメント

日本ておもてなし文化の国だから、お店にいけば店員から親切に挨拶してくれて笑顔で丁寧に対応してくれるのが当たり前じゃないですか。それが当たり前と疑わない人にとって、海外は怖いところ、怖い人だらけなのかもしれないですね。

海外だと、訪ねた側の客がまず挨拶をするのが礼儀というか、挨拶しないと不審がられますよね。現地語での簡単な挨拶と笑顔は旅の必需品です。

最近では海外も手軽にいけるので、行く先の文化や言葉、礼儀などをしっかり学んでから行こうという姿勢も足りないのかもしれないですよね。

タイは日本のおもてなし文化に通じる微笑みの国なので、旅がしやすく、ファンが多いのだと思いますよ。

たけぞう 2006年07月22日 11時50分 [削除]

あきらめが早い親子ですねー。
ガラスケースがあるならメニューなんか必要なく簡単に頼めるのに。気づかないのか気が回らないのか。食べ物に執着が無いのでしょう。たけぞうさんの爪の垢でも... :-p
その飲茶、食べたいでーす!

うっち 2006年07月22日 12時06分 [削除]

初めてタイに来た頃何かで読んだ本に書いて有ったのですが・・・
路地歩いていてある家の前でおばさんに誤って水を掛けられてしまった。
周りにはたくさん人が居て一瞬シーンと凍り付いたような雰囲気になり、
水を掛けられた人がどうするのか様子を伺っていた。

その人 そこで参ったなぁと言う感じでニコっと笑ったのだそうです。
そしたら皆が安心した笑顔になり、おばさんは笑顔ながらも謝り家族
全員が出て来て水を掛けたところを拭いたり飲み物を出して持て
成してくれた。もしあそこで怒った顔をしたら皆無表情にこっちの
表情を見続けるだけだっただろう。

そんな意味の事が書かれていました。
タイで仕事をする上で非常に参考になった話でした。

飲茶を断念した親子、ホテルに帰って次回こそ中に入るぞ!
とリベンジを誓っているんじゃないでしょうか?

うえの 2006年07月22日 12時38分 [削除]

そう笑顔を向ければ笑顔で返ってくる。
でもその次に会ったときにはまたお化けでも見たような目線で見てくるイサーンの若い女の子もいます。

noina 2006年07月22日 14時18分 [削除]

言葉の通じない国でも、笑顔とジェスチャーでどうにかなるものですよね。
ショーケースが目の前にあるなら簡単そうなのに。もったいな〜い。
あたしなら是が非でもその飲茶を食べるのに〜。(笑)

ダブル☆パンチ 2006年07月22日 22時32分 [削除]

たけぞうさん
微笑みの国ですからね〜(*^_^*)
私もはじめてタイに来たときに見たタイの人の笑顔が忘れられず、タイ大好きになった一人です。

うっちさん
では8月は飲茶パーティしましょう♪
食べ物に対する執着、好奇心はそのまま生命力の強さにつながる気がします。大切なことですよね。

うえのさん
いい話ですね。笑顔がどれだけ周囲をほっとさせるか!
たしか、気持ちが暗いときでも無理に笑顔を作ってみるとつられて気持ちまで明るくなるという実験があったような。

noinaちゃん
ははは。外人に遭遇するケースが少ない地方だとそういうことあるよね。私もたまにソンテウに乗ったりすると遠慮なくジーッと見つめる視線が痛かったりします。

ダブル☆パンチ
「食べたい」という気持ち、相手に伝えたいという気持ち、やっぱり自分の気持ちがどれだけ強いかだよね。

てんも 2006年07月23日 10時07分 [削除]

笑顔は大切ですね。 ニッ!

たちの 2006年07月23日 16時44分 [削除]

そうそう。笑顔は三文の得!!

てんも 2006年07月24日 11時29分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー