タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年01月14日(日)

生命のバカ力 [タイで生活]

生命のバカ力―人の遺伝子は97%眠っている

生命のバカ力―人の遺伝子は97%眠っている

一度読んで面白かった本は何度か読み返すようにしている。その度に前回は気づかなかったところが気になったりする。

仕事の合間に去年読んだこの本をパラパラしてみた。
「私たちの遺伝情報はほとんど眠っているのです。そうすると、眠っているよい遺伝子をONにして、起きている悪い遺伝子をOFFにすることができれば、私たちの可能性は飛躍的に発展するのです。」
良い遺伝子をONにする方法がいろいろ載っていた。

今回気になった部分は、主題とあまり関係ない豚肉の話。

人間が豚の肉を食べても、豚の肉にならず、人間の肉になるのはなぜか。
それは豚のたんぱく質が構成成分であるアミノ酸に分解され、このバラバラになったアミノ酸からもう一度、遺伝子の指示を受けた酵素の働きによって人間の身体を形成しているタンパク質を合成しているからなのだ。

食事をすると、体の中で遺伝子レベルでなにやら行われているらしいのだ。本人も意識していないのに、人間の身体は偉い。

Posted by てんも at 10時29分

コメント

てんもさん こんばんは
先ほど我が相棒に
「人間が豚の肉を食べても、豚の肉にならず、
人間の肉になるのはなぜなんだろうね」と話したところ
「なってるじゃない」と言われてしまい
返答に窮してしまいました。

たいすけ 2007年01月15日 00時37分 [削除]

「人間の体は偉い」とは、私なら天地万物
を創造した神は素晴らしいと賛美するところ
ですね。
旧約聖書の創世記の冒頭の2頁を合唱つき
交響曲にしたハイドンの「天地創造」の演奏
をテレビで見ましたが、正にこれがキリスト
教文化の精髄かなという気がしました。

アーチャーン 2007年01月15日 06時03分 [削除]

なるほどねー。遺伝子ありがとうですね。うん。

話がずれるけど肉食獣や草食獣はなんで同じものばっかり食べて栄養が偏らないんでしょうね。人間はやれ食事のバランスだ何だと忙しいのに。これも遺伝子がうまくやってるのかな?

ジロチョー 2007年01月15日 12時07分 [削除]

たいすけさん
・・・絶句(涙)

アーチャーン様
あ、もちろん人間の身体が偉くて、それを作った神も素晴らしいです(*^_^*)
遺伝子の研究とか生命の謎を科学的に解明すればするほど、「サムシング・グレート」の存在に思い至るようですね。

ジロチョーさん
そうだね。肉食獣は野菜不足にならないのもきっと遺伝子のおかげなんだよ。

てんも 2007年01月17日 00時08分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー