タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年01月27日(土)

モンブラン飲茶 [タイ料理]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

モンブラン状にラーメンが巻きつけてある。

久しぶりに飲茶を食べに行ったら、新メニューが登場していた。ここの飲茶は数ヶ月に1度の割合で新メニューがお目見えするのだ。

タイの屋台でよく見かける緑色のラーメン(ミー・ヨック)が巻きつけられている。面白いのでさっそく注文してみた。

口に入れて、モグモグ・・・。

・・・。

汁なしラーメン(バミー・ヘーン)の味がして、飲茶を食べているのだかラーメンを食べているのだか、分からなくなった・・・。

Posted by てんも at 00時03分   パーマリンク   コメント ( 8 )

2007年01月26日(金)

日タイグリコマカダミアチョコ比較 [タイで生活]

画像(298x180)

日本のマカダミアチョコレート

タイ産のタイ価格マカダミアチョコレートは、日本のマカダミアチョコレートとどこが違うのだろうか。
と思ったので、調べてみた。

日本のマカダミアチョコレートの原材料
マカダミアナッツ、砂糖、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアパウダー、乳糖、デキストリン、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

タイのマカダミアチョコレートの原材料
砂糖25%、ココアバター23%、全粉乳19%、マカダミアナッツ17%、カカオマス12%、天然香料

原材料の表示順というのは、使われた量の多い順が原則らしい。ということは、日本のはナッツたっぷり、タイのは甘さたっぷりということなんだろうか。

Posted by てんも at 00時09分   パーマリンク   コメント ( 10 )

2007年01月25日(木)

セブンイレブンの日本のお菓子2 [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

セブンイレブンで売ってます。

前回とは違うセブンイレブンで発見。店によって置いてある日本のお菓子が違う。
グリコや明治ばかりかと思っていたら、森永の「ダース」も販売されていた。黒のビターと赤のミルク。

森永ダース 42バーツ(約126円)。
グリコマカダミアチョコレート(6粒) 30バーツ(約90円)。

日本国内の定価は、
森永ダースが99円 マカダミアチョコレート(12粒)が210円らしい。森永ダースがちょっとお高い感じ。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

日本製とタイ製。

パッケージを裏返してみたら、謎が解けた。
ダースは日本からの輸入。
グリコマカダミアチョコレートはタイグリコがタイで製造していた。

Posted by てんも at 00時01分   パーマリンク   コメント ( 9 )

2007年01月24日(水)

ピーナツおつまみ [タイ料理]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ビールのお供。

ピーナツに、にんにくのスライスと唐辛子とバイ・マックルー(こぶみかんの葉)。パリポリ食べてしまう。一袋35バーツ。

これのトムヤム味バージョンもあって、小魚の揚げたのがはいっているのもなかなか。ビールのおつまみにも最適。

Posted by てんも at 00時30分   パーマリンク   コメント ( 5 )

2007年01月23日(火)

タイでファンケル [タイで生活]

画像(150x256)

タイの水道水でもちゃんと泡立つかな?

セブンイレブンで日本のチョコレートが購入できるのと同じくらい嬉しいのがタイにファンケルが上陸したこと。

もう10年以上昔の話になるけれど、仕事で2ヶ月ほど滞在した広島県にファンケルのお店があって、週末になるとそこで商品を見るのが楽しみだった。
それ以来ファンケル愛用者になってしまって、たまに届く雑誌(カタログ)を見ては、ついつい欲しい商品を注文していたのだ。

そのファンケルがタイでも買えるようになり、しかも電話注文ができるらしいと知って、さっそく電話してみた。
日本と同じような丁寧な日本人オペレータさんの電話対応に感動。
タイ生活がますます快適になることに感謝である。

Posted by てんも at 00時16分   パーマリンク   コメント ( 10 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー