タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年12月12日(水)

克己心(こっきしん) [読書の記録]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

克己心(こっきしん)

少し早めのクリスマスにバンコク伊勢丹の紀伊国屋書店に出かけ、欲しい本を1冊ずつ買った。
私が買ったのはクロワッサン。我ながら渋い選択である。表紙を見ると分かるように、健康オタク心をくすぐる特集をしていたのだ。

数ページ読みすすめるうちに、買ってよかったと心から思った。
1924年生まれの辰巳芳子さんと1948年生まれの鎌田實さんの対談が載っている。私は「元気な大人の男女」が持つ特有の雰囲気、しゃっきり背筋が伸びる貫禄に魅力を感じる。

「若い人だけでなく、いいお歳の方を含め、だしをいく人が非常に少なくなっている」現代を辰巳さんは
「日常の面倒を乗り越えていく克己心(こっきしん)が低下したのだと思います」
と表現していらした。

私が乏しい語彙で「生活力」と表現していたことを「克己心」というのだと知った。

まとめて一週間分のだしをひき、「繰り返す」才覚をもってほしい。それが、あなたを助けてくれます。

なんて刺激的な言葉。ついつい目の前の締め切りを優先させ、一番大切なことをおろそかにしてしまいがちな私にとって100%正しいこういう言葉は非常に良い戒めとなる。
辰巳さんの言葉が身に染みた。

Posted by てんも at 00時07分

コメント

♪街をでてみよう〜
  今住んでるこの街が〜

って、これ「こうき心(吉田拓郎)」でしたwww

克己心ねぇ・・・  初めて聞く言葉です。
辞書で引いてみると、「自分の欲、邪念にうちかつ心」
なるほどぉ。

目標にします。

              邪念の多い「たちの」ヨリ

たちの 2007年12月12日 13時37分 [削除]

久しぶりに聞きました。
読んで字の如く「己に打ち克つ心」。
人間は安易な方向に流れがちですからそれを戒める言葉ですが、残念ながら消え行く日本語でしょう。

うっち 2007年12月12日 21時42分 [削除]

克己、努力、忍耐、は日本人が一番好きな3大標語です。

イサーン太郎 2007年12月14日 09時02分 [削除]

たちのさん
たちのさんは、こーき心は旺盛ですが、欲はないような・・・。
邪念だってもちろんお持ちではなく、ひじょーに清らかな心の持ち主だと思います!!(マルボ、マルボ)

うっちさん
さすが我が家の知恵袋!!本当に、良い習慣は簡単に手放してしまうのに、悪い習慣はなかなかなおらないです。

イサーン太郎さん
3大標語ですか(笑)たしかに私も大好きです(爆)
でも、最近は「自分の得意とすること、好きなことをやっていこう」と提唱される方も多いですね。好きなことだと続けても苦にならず、3大標語が登場する隙もなく、幸せに成功できる、そんなメッセージを発する方が増えているように思います。

てんも 2007年12月15日 08時24分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー