タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年01月24日(木)

喪が明けたのか明けてないのか [タイで生活]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

喪が明けたのか明けてないのか

プミポン国王のお姉さま、ガラヤニ王女が1月2日に逝去されてから15日間の喪に服すことになっていた。その喪が明けたが、公務員の皆さんは全100日間の黒服が続くらしい。

一般市民はもう普通の洋服を着ているが、公務員はきっぱりと黒か白なので、街全体の色はやはりおとなしい。

15日の期間中は祭事は自粛されたため、結婚式を延期した人も多かったようだ。先日、喪が明けてから初めての「縁起の良い日」には、各地で結婚式が行なわれ、知人は「結婚式のはしご」をしていた。

まだ黒い服を着ている最中の公務員は、結婚式に出席する際にも黒服なのだろうか?と思ったら、普通に派手な衣装を着て出席するのだそうだ。

100日が明けるのはソンクラン(水かけ祭り)の直前。政治の混乱が予想されるという噂も聞くけれど、今年のソンクランは例年通りの盛大なお祭りになるのだろうか。

夏本番に向けて暑さが厳しくなっていく毎日だけれど、今朝は風が涼しかった。日本の寒さが伝わって来たような気がした。



Posted by てんも at 10時17分

コメント

そっかー、タイは公務員も大変ですね。
ただでさえ暑いのに黒服って・・・・

ご苦労様なのです。

じろちょー 2008年01月24日 17時37分 [削除]

私もギモンに思っていました。

今日、緑とか黒のストライプ柄のシャツを着ていましたが、なんだか居心地悪かったデス・・・

元々、黒い服もよく着ていたので、ラクショー!って思っていましたが、タイ人がここまで徹底しているなんて・・・
喪服のような黒ワンピ姿の人もいまだに見かけます。

しばらくは黒もしくはグレーの無地、オトナシ系でいきます。

ミホコ。 2008年01月24日 19時12分 [削除]

じろちょーさん
私も15日黒服で通しましたが、最初は新鮮な気分だったものの、1週間もしたら少しつらくなりました。なんか、気分が沈みがちになるんです。色の影響ってすごいと思いました。

ミホコ。さん
すごい徹底振りだよね。
でも黒服の影響ってすごい。気持ちがしっとりするというか、少し元気がなくなってしまう気がしたよ。

てんも 2008年01月28日 11時22分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー