タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年04月24日(月)

アカデミック・ママの一時帰国 [アメージングタイランド]

懐かしい人に会った。
以前ブログでちらりと書いた、アカデミック・ママである。

ご主人と小学3年生と1年生の姉妹を残して、博士号取得のためにカナダ留学へと旅立ったご近所さんである。

そういえば、ソンクランの時期に一度帰ってくるって言ってたっけ。と、思い出す。

とても元気そうで、休暇が終わったら再びカナダに戻る、と言う顔はイキイキしていた。
自分のキャリアのために、軽々と海を越える彼女のような生き方もあるのだな、世界は広いな・・・。

アカデミック・ママと別れると今度は小学1年生の男の子とそのママに会った。もうすぐパパが仕事から戻ってくるから、
「ピーカブー」をするために待っているのだという。
「ジャ・エー」ではないのだ。
この子は両親のアメリカ留学について行き、アメリカで言葉を習得した。帰国して2年になるけれど、いまだにタイ語には拒否反応をしめし、両親との会話もすべて英語である。アメリカにいる当時まだ赤ちゃんで言葉を話さなかった妹は、現在流暢なタイ語を話す。
家族全員で留学に行く、というのもまたひとつの手段。
本当に、いろんな生き方があるな。

大切なのは、自分たちで考えて選んだ道を納得して進むことなんだと思った。

Posted by てんも at 00時01分

コメント

タイ在住ってだけでもすごいのにね(ーー;)

noina 2006年04月24日 02時10分 [削除]

なぁんか最後の文にホッとさせられたような気がします。 ご存知の通り、我が家はタイでは異様な存在のようで、あちらこちらで色々な視線や質問を受け、特種扱いされることが多くって・・・(笑)

らぴ 2006年04月24日 03時47分 [削除]

ほんと、ほんと。タイではいろいろな生き方の人をみかける機会が多いようなきがします。

ポォ 2006年04月24日 10時59分 [削除]

家庭を持つと守りに入るもんだけどね。
でも、うらやましいっす。   (泣いてもいいですか?)

たちの 2006年04月24日 19時55分 [削除]

noinaちゃん
あ、このアカデミック・ママはタイ人だけどね。

らぴさん
自分たちが納得していればOKだと思うよ。自分たちの人生なんだからねぇ(*^^)v

ポォさん
とても自由な人が多い気がするな。自分の気持ちや欲望に正直なのね。

たちのさん
泣く前に、たちのさんも歩き出しましょう!
守ってる場合じゃありません(笑)

てんも 2006年04月25日 09時15分 [削除]

あ、タイ人か、納得。
中華系かな?
だったらますます納得です。

noina 2006年04月25日 15時48分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー