タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年05月09日(火)

楽しいお茶生活 [タイ料理]

画像(180x135)・拡大画像(512x384)

お茶セット 300バーツ

最近の日本食ブーム→おいしグループのおかげの緑茶ブーム
の流れで、お茶の専門店なんてものも登場した。
8年前、タイで暮らし始めたばかりの頃に、飲み物も食べ物も全てが甘く感じられて、砂糖なしのヨーグルトや麦茶パックが欲しいよぉと半泣き状態になったのは遠い昔のこととなった。

甘くないお茶専門店が登場して、そこでお茶の試飲までさせてくれるなんて。うっとり。
そこでもらってきたパンフレットによると、チェンライで栽培しているお茶もあるらしい。

すでに美味しいウーロン茶とジャスミン茶を確保してあるので、せっかくなら気分を出してみようと、急須と湯のみを買って来た。

湯のみは日本のものより小ぶりで、一口サイズ。
これが結構便利で、熱々のうちに飲めてしまう。もう一杯!とお代わりすると、急須のお茶はまだ熱々。
今まではタイのお茶愛好家を真似て、マグカップにお茶の葉を突っ込んでお湯を注いで飲んでいたけれど、それだと飲める温度に下がってから飲み始めると最後の方は完全に冷めてしまっていた。
急須は保温性が高いらしい。タイの暑さだから余計にそうなのかもしれないけれど、最後の一杯まで温かいうちに楽しめるとはうれしいことである。

ちょっと気になるのが、急須の蓋を本体と結んでいる赤い糸。展示用に落ちないように結んであるのかと思ったのだけれど、とてもしっかり結びつけてあって、それがきれいな飾り結び。はさみを使わないと切ることができない。
そのまま使うんじゃないの?という意見を採用してそのまま使っているけれど、洗うときなどちょっと不便。やっぱりこの糸は切るのだろうか?

Posted by てんも at 05時11分

コメント

え〜と、
その質問は担当が違うので、
え〜、じろちょーさんがお答え致します。 どーぞ!

たちの 2006年05月09日 10時54分 [削除]

そうです。紐は蓋が落ちて割れないように付いています。ですから切っては駄目です。

ところでてんもさん、これ↓は読んだかな?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=130859442&owner_id=4277568 

イサーン太郎 2006年05月09日 13時14分 [削除]

うちの旦那も日本の緑茶が大好きですよ。
日本にいたときは寒かったのもあるけど、
一日に何度も飲んでましたね。
でもこっちに帰ってきてからは暑くて暑くて熱いお茶を飲む気になれないので私は作ってあげてません(ーー;)

noina 2006年05月09日 15時09分 [削除]

えっえっ僕ですか?
ご紹介に預かりましたジロチョーです。

えーっと、えーーー
運命の赤い糸ということで切らないほうがいいかと思います。

こんなんでいいですか?

ジロチョー 2006年05月09日 19時03分 [削除]

たちのさん
急にふられて、ジロチョーさん困ってるよ。わはは。

イサーン太郎さん
そうか。紐は切らないのが正解なのですね。
きれいに編んであるので、切るのがもったいなくて切ってませんでした。
たしかに紐があると注ぐときに楽です。

リンク先、読んでびっくり仰天!!でした。
今年いっぱい全力疾走できそうな元気がわいてきました。
教えていただきありがとうございます。

noinaさん
暑い時に暑いお茶を飲んで、気分爽快!のはずが、
ここまで暑いと一口飲んで汗がジワ〜ッと・・・
お茶を飲む気になれないのも分かります。
それでも飲んじゃう私(*^^)v

ジロチョーさん
すみませんねぇ。突然の指名で・・・
赤い糸か〜 うまい!!

てんも 2006年05月09日 23時59分 [削除]

イサーン太郎さんの言うとおり、切ってはいけません。
それに注ぐ時に紐の上から蓋を押さえると熱くないですよ。
熱々の烏龍茶を1つの茶碗に注いで、それをもう1つの茶碗にすぐ移して、10秒後位に空いた茶碗の中の香りをかいで見てください。良いお茶ならとても甘い香りがするはずです。お茶の種類や産地でその香りが変わってきます。それも烏龍茶の楽しみ方の1つです。

うっち 2006年05月10日 00時00分 [削除]

切ってはいけなかったんですね。
あ〜よかった(*^_^*)
ウーロン茶の甘い香りですか、さっそく試してみよう!
あれれ、もしかすると、ワインのテイスティングのように、烏龍にもあるんですかね?
産地やお茶の種類や栽培年を当てる試合みたいなの。

てんも 2006年05月10日 07時57分 [削除]

産地を当てる試合は知りませんが、各産地ではコンテストがあります。一等になったお茶は一斤(500g/600g)で車が買える位の値が付いて売れるそうです。
烏龍茶は種類によって残り香に特徴が出ます。ただそれが解るようになる為には相当な投資が必要でしょうね。^^;

うっち 2006年05月10日 20時45分 [削除]

お茶の残り香ですか、う〜む・・・。
ものすごーく、微妙な違いなんでしょうね。

実は結構鼻に自信があるので、高校の修学旅行で行ったうろこ館(でしたっけ?)の香水調合のお店に就職したい!と一瞬だけ思いました(*^_^*)

てんも 2006年05月10日 22時31分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー