タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年10月18日(土)

タイ人ナースの注射技術 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

タイ人ナースの注射技術

私は血管が細いらしい。日本では採血の度にそう言われ、注射の針をグリグリされる痛みに耐えることもしばしば。細い血管では採血がなかなかできないのだと思っていた。

ところが。タイに来て「血管の細さ」は採血がうまくいかないことの言い訳にならないことを知った。
タイには細い血管でも難なく採血を済ませてしまう人がたくさんいるのだ。日本で採血の後に必ずできていた内出血もなければ痛みもない。まさにプロ。

そして先日、新たなプロとの出会いがあった。B型肝炎の抗体をつけるための予防接種の第3回目。3回目は量も多いらしく「とても痛い」と評判である。

いつものクリニックで見慣れぬナースに腕を差し出す。
「3回目か〜。量が多いんだよね〜」とつぶやきながら、そっと注射針を突き刺すナース。チクンとハリが入った感触。その後、注射液が入り込む際に広がるはずの鈍痛がなく、「あれ?痛くない・・・??」と不思議に思う時間が経過した。その間、10秒ぐらいだっただろうか。

ハリを引き抜くときにも痛みはなし。すごい技術である。
「痛くない・・・」思わず顔を見つめると、彼女は照れて言った。
「量が多いから痛くなっちゃうかと心配しちゃった」

注射のプロ発見である。

Posted by てんも at 00時31分

コメント

僕は別の意味で血管がみつからずに、会社の健康診断で両手で一回ずつ失敗して三回目で手の甲から採血という経験があります。
でも、今通っている病院の看護婦さんはいつも一回で大丈夫なんで、技術の差って大きいと思う。

タイではみんな上手なんでしょうか?

たけぞう 2008年10月18日 08時30分 [削除]

>「量が多いから痛くなっちゃうかと心配しちゃった」

その看護婦さん、普段から痛くないしないように心掛けて
いるのでしょうね。その気持ちが素晴らしいなぁ。

うえの 2008年10月18日 17時06分 [削除]

たけぞうさん
みんな上手かどうかは分からないですけれど、日本とタイで採血・注射した経験では、タイの方が圧倒的に痛みが少なかったです。

うえのさん
本当に、「痛くないように」って思ってくれるその気持ちがすごく嬉しかったです。

てんも 2008年10月20日 21時57分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2008


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー