タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年10月30日(木)

モーリさんの会話 [タイで生活]

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

モーリさんの会話

モーリさん(夫母)には10歳年上のお姉さんがいる。
モーリさん自身60歳を超えているので、モーリさんお姉さんは70歳を超えている。

日本であれば80歳を超えてもまだまだ現役第一線で活躍される方も珍しくないが、タイで70歳はかなりの高齢の部類に入ると思う。でもこのお姉さんはすこぶる元気。

バンコクで一人暮らしをしているが、バスでの移動はもちろん、バイクタクシーの後ろにまたがっての移動だって平気だ。

モーリさんお姉さんはたまにモーリさんを訪ねてくる。先日、モーリさんお姉さんも一緒に食事にでかけた時のこと。恒例の、二人の昔話が始まった。
「ゲートがもう40歳になるんだものねぇ」
「あんなに小さかった子がねぇ」

ゲートというのはだんなさんの年上の従姉妹。生まれた子が40歳になるまでの年月を、この二人はずっと見てきたのだ。私が知っているのは知人の子が生まれてから大学生になる程度の年月だ。
この二人は私が今まで経験してきたことの2倍以上のことを経験している。そんな二人の他愛のない昔話は、何気なく聞いているだけでも面白くてたまらない。
作り物のドラマより、リアルな人生経験なのだ。

Posted by てんも at 00時47分   パーマリンク   コメント ( 2 )

2008年10月29日(水)

カオ・パット・ポンガリー(カレーチャーハン) [タイ料理]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

カオ・パット・ポンガリー(カレーチャーハン)

見慣れないメニューを発見したので早速注文。
カオ・パット・ポンガリー。
カオパットは有名なタイのチャーハン。
ポンガリーはカレー粉のこと。
プー・パッポンガリー、カニのカレー炒めが有名だ。

あれのチャーハン版ということで、黄金に輝くチャーハンを想像していたら、非常にシンプルな見た目のチャーハンが登場した。味も、ほのかにカレーの香りがする程度で、シンプルなお味。

ドライカレーが食べたくなってしまった。

Posted by てんも at 00時19分   パーマリンク   コメント ( 2 )

2008年10月28日(火)

痛くて怖いヤツ [タイで生活]

画像(320x211)・拡大画像(381x252)

痛くて怖いヤツ

日本の「ありさん」のイメージを覆す、強烈なヤツ。それがタイの赤いアリ「モット・デーン」

ちなみに、仮面ライダーのことをタイでは「アイ・モッデーン」と呼ぶ。仮面ライダーはバッタのはずだけど、タイではアリに分類されるらしい。
現代の仮面ライダーキバはコウモリらしいので、バッタでもアリでもいいのかもしれないけれど。

このアリ、日本のアリより大きくて存在感がある。
マンゴー等の木に巣を作っていて、木の下を歩いていると、頭の上に落ちてくることがある。

実はこのアリよりもっと強烈な毒を持つチビアリ(モット・カンファイ)がいることを後になって知ったのだけれど、大きさといい、色といい、やはりこのアリの存在感はヘビー級だ。

Posted by てんも at 16時52分   パーマリンク   コメント ( 2 )

2008年10月27日(月)

自家製チャーシュー(ムーデーン) [タイ料理]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

自家製チャーシュー(ムーデーン)

自家製と言っても、我が家製ではなく、ラーメン屋さんの自家製。

魚のつみれで有名なラーメン屋さんが豚肉のチャーシューを店先にぶら下げていた。チャーシューラーメンを始めたのだという。

お持ち帰りもできるというので、300グラム包んでもらった。90バーツ。(円高の今なら250円ぐらい?)

その昔、横浜中華街の日本語が通じないお店で、店先にぶら下がっていたチャーシューを指さして注文した。その時に出て来た薄切りのチャーシューと同じ味がした。

茹で野菜やお新香と一緒に食べたら2食分楽しめた。食べやすい薄切りになっているので、いろいろ応用できそうな気がする。

Posted by てんも at 16時25分   パーマリンク   コメント ( 6 )

2008年10月26日(日)

養老院より大学院 [読書の記録]

画像(320x320)・拡大画像(500x500)

養老院より大学院

内館 牧子さんは文章が潔くて、ユーモアがあって、おっきな愛がある。

だからまとまった時間が取れることが分かっている時は、書店に入って内館さんの新刊を探すことから始める。残念ながら見あたらない場合は別の作家さんを探す。とにかく内館さんを一番先に探すのだ。

今回は幸運なことに本命の内館さんの文庫を発見。内館さんが東北大学の大学院で「大相撲における宗教学的考察」を研究していたことは「内館牧子の仙台だより」を愛読していたから知っていたが、その時のことがまとめて1冊の本になっていたことは知らなかった。

内館さんの元には、彼女の様に社会人から大学院に進学したいと考えている人たちからの質問が多数寄せられたという。その質問の内容が、男と女で全く異なっていた。

男の抽象的な質問と比べて、女の質問は非常に具体的。「20代の若者で賑わう学食で50代女が一人で食事をとるのは寂しくないか」自分が大学院に入学した後のキャンパスライフを具体的に思い描いた上での質問事項なのだ。内館さんの解決法も彼女らしくて見事。


Posted by てんも at 09時52分   パーマリンク   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2008


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー