タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年10月24日(金)

乗車拒否  [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

乗車拒否 

道ばたで、オレンジ色の袈裟を来たお坊さんが「おいでおいで」と手を降っていた。
乗り合いバスのソンテオを呼んでいたのだ。

乗り合いバスにはルートがあって、決まった道を巡回している。乗りたい人は手で合図して車を止め、降りたい場所でベルを鳴らして車を止める。

ソンテオは、スピードを落として車を止める・・・と思いきや、右車線に出てお坊さんの目の前を通り過ぎてしまった。
オレンジ色の派手なお坊さんが手を振っているのだ。目に入らない訳がない。気づかないふりをした乗車拒否である。

バスや乗り合いバス、トゥクトゥクはお坊さんを乗せてても乗車賃は取らない。それを嫌ってお坊さんを乗せたがらないドライバーもいるらしい。

しかし、その乗り合いバスはお客さんがほとんどいなかった。そして1ブロック先で一人のおばあさんを乗せていた。
おばあさん一人を運ぶのも、お坊さんを運ぶのも、ガソリン代は一緒。だったら乗せてあげればよかったのに。そういう時の思いやりの気持ちを「ナムジャイ」といって、タイでは大切にするのではなかったのか。

雨期はそろそろ終わって欲しいけれど、タイの人たちの心まで乾燥してしまうのは困るな〜と思った。

Posted by てんも at 00時59分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年10月23日(木)

お店のお手伝い [タイで生活]

画像(213x320)・拡大画像(426x640)

お店のお手伝い

タイの小学校では、4月と10月に長いお休みがある。
今月はちょうど学校がお休みの期間なのだ。

ご夫婦が数人のウェイトレスと共に切り盛りしている料理屋では、小学生の息子が店のお手伝いをしていた。去年まで彼の仕事は注文取り。真剣な顔でお客さんの注文をメモし、料理を運んでくれた。
たまに注文の品を間違えていたけれど、それは子どものことだから、お客さんも笑って見守っていた。私も注文と違う品が運ばれて来たけれど黙ってそれを食べた。

今年、小学校4年生になったというその少年は、なんとお勘定もできるようになっていた。相変わらず真剣な顔つきでメモ帳になにやら計算すると「100バーツです」と告げてくれた。

店の奥では忙しそうに手を動かしながら、お父さんとお母さんが息子を誇らしげに見守っていた。帰り際にお母さんに「偉いね〜」と褒めると、お母さんは満面の笑みを見せてくれた。

ところで、この店には長く通っているけれど、100バーツぴったりを請求されたことはない。料理の代金からして、端数が必ず出るはずなのだ。
普段はお父さんかお母さんがお勘定を担当する。ウェイトレスには決して任されないその大役を担う緊張感からか、それとも張り切りすぎからか、おそらく少年は計算間違いをしている。

でも、いいじゃないか。間違えたとしても10数バーツだ。こんなに頑張っているのだし、来年はきっと計算間違いをしなくなるだろう。せめてお店の損にならないように、多めに計算してくれていたらいいんだけど、と思いつつ店を後にした。

Posted by てんも at 00時21分   パーマリンク   コメント ( 5 )

2008年10月22日(水)

やっと元に戻った [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

やっと元に戻った

少し前に美味しいご飯をたっぷり食べる機会があって、予想通り体重が増えていた。しかも、2キロも。

それでご飯の量をちょっと減らしたら、少しずつ体重が元に戻って1週間でようやく元通りに。めでたしめでたし。
でも多分、体重が減ったのは食べる量を減らしたからだけでなく、「体重減らすぞ、減らすぞ」とずっと念じていたからだと思う。

体重の増減に、意志の力の影響は大きい。と、思う。

Posted by てんも at 13時40分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年10月21日(火)

冬瓜のスープ(トムファック) [タイの野菜・地産地消]

画像(320x240)・拡大画像(500x375)

冬瓜のスープ(トムファック)

モーリさん(夫母)が庭で育てたタイ北部産の冬瓜。
パパイヤの実のように大きいので驚いたら、本場北部では1m近い長さに成長するという。東部の気候ではパパイヤ程度が精一杯のようだ。

この冬瓜が、スープにするとほのかに甘い。
干しエビの旨味と冬瓜の甘みの相乗効果で、健康によさそうな上に味も良い、素敵なスープが完成する。

冬瓜はたっぷり収穫されるし、喜んで食べる家族もいるしで、モーリさんは張り切って毎日このスープを作ってくれる。

ちょっとつらそうなのがモーリさんご主人である。
私は昼にモーリさんのスープをごちそうになっても、夜は自宅で別の料理を食べる。しかし、スープが残っているモーリ邸では、夕方にも冬瓜スープが登場するのだ。

ここのところ毎食冬瓜スープを食べ続けているモーリさんご主人の名台詞。
「このままだと、顔が冬瓜になっちゃいそうだ」

Posted by てんも at 08時58分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年10月20日(月)

タマネギの実力 [タイで生活]

画像(320x213)・拡大画像(640x427)

タマネギの実力

椎名誠さんの怪しい探検隊で、料理隊長のリンさんが「食材の中で一番偉いのはタマネギだ」と言っていた。じっくり炒めると甘みが出るし、いろいろな料理に使うことができる、というのがその理由だったと思う。

それを知った時まだ10代だった私は「玉ねぎが一番」というリンさんの言葉には同意できなかった。玉ねぎは臭いが気になる野菜として認識していて、それほど好きな野菜ではなかったため、いまいちピンとこなかったのだ。

しかし今、タイで一年に何度も入手できる新玉ねぎを使いながら「確かに玉ねぎがNO.1かもしれない」と思い始めた。

お味噌汁に入れた玉ねぎスライスが出す香りとか、すり下ろして豚肉炒めの調味料にした時の衝撃的な旨味とか、そういったことが理解できる様になったのだ。

卵料理の様に玉ねぎ料理も様々なレパートリーがあると思う。しばらく玉ねぎ料理に凝ってみようと思う。

Posted by てんも at 08時43分   パーマリンク   コメント ( 6 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2008


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー