タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年10月21日(火)

冬瓜のスープ(トムファック) [タイの野菜・地産地消]

画像(320x240)・拡大画像(500x375)

冬瓜のスープ(トムファック)

モーリさん(夫母)が庭で育てたタイ北部産の冬瓜。
パパイヤの実のように大きいので驚いたら、本場北部では1m近い長さに成長するという。東部の気候ではパパイヤ程度が精一杯のようだ。

この冬瓜が、スープにするとほのかに甘い。
干しエビの旨味と冬瓜の甘みの相乗効果で、健康によさそうな上に味も良い、素敵なスープが完成する。

冬瓜はたっぷり収穫されるし、喜んで食べる家族もいるしで、モーリさんは張り切って毎日このスープを作ってくれる。

ちょっとつらそうなのがモーリさんご主人である。
私は昼にモーリさんのスープをごちそうになっても、夜は自宅で別の料理を食べる。しかし、スープが残っているモーリ邸では、夕方にも冬瓜スープが登場するのだ。

ここのところ毎食冬瓜スープを食べ続けているモーリさんご主人の名台詞。
「このままだと、顔が冬瓜になっちゃいそうだ」

Posted by てんも at 08時58分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年10月20日(月)

タマネギの実力 [タイで生活]

画像(320x213)・拡大画像(640x427)

タマネギの実力

椎名誠さんの怪しい探検隊で、料理隊長のリンさんが「食材の中で一番偉いのはタマネギだ」と言っていた。じっくり炒めると甘みが出るし、いろいろな料理に使うことができる、というのがその理由だったと思う。

それを知った時まだ10代だった私は「玉ねぎが一番」というリンさんの言葉には同意できなかった。玉ねぎは臭いが気になる野菜として認識していて、それほど好きな野菜ではなかったため、いまいちピンとこなかったのだ。

しかし今、タイで一年に何度も入手できる新玉ねぎを使いながら「確かに玉ねぎがNO.1かもしれない」と思い始めた。

お味噌汁に入れた玉ねぎスライスが出す香りとか、すり下ろして豚肉炒めの調味料にした時の衝撃的な旨味とか、そういったことが理解できる様になったのだ。

卵料理の様に玉ねぎ料理も様々なレパートリーがあると思う。しばらく玉ねぎ料理に凝ってみようと思う。

Posted by てんも at 08時43分   パーマリンク   コメント ( 6 )

2008年10月19日(日)

雨期がなかなか終わらない [タイで生活]

画像(320x142)・拡大画像(640x284)

雨期がなかなか終わらない

バンコクの方からは、雨期が終わったようだという話が聞こえてきた。そろそろ東部も雨期が終わるか?と思うのだけれど、昨日の夜は夕立。

気づけば海にも雨が降っていた。

雨期が終わるまで、もう少し時間がかかるらしい。

Posted by てんも at 18時19分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年10月18日(土)

タイ人ナースの注射技術 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

タイ人ナースの注射技術

私は血管が細いらしい。日本では採血の度にそう言われ、注射の針をグリグリされる痛みに耐えることもしばしば。細い血管では採血がなかなかできないのだと思っていた。

ところが。タイに来て「血管の細さ」は採血がうまくいかないことの言い訳にならないことを知った。
タイには細い血管でも難なく採血を済ませてしまう人がたくさんいるのだ。日本で採血の後に必ずできていた内出血もなければ痛みもない。まさにプロ。

そして先日、新たなプロとの出会いがあった。B型肝炎の抗体をつけるための予防接種の第3回目。3回目は量も多いらしく「とても痛い」と評判である。

いつものクリニックで見慣れぬナースに腕を差し出す。
「3回目か〜。量が多いんだよね〜」とつぶやきながら、そっと注射針を突き刺すナース。チクンとハリが入った感触。その後、注射液が入り込む際に広がるはずの鈍痛がなく、「あれ?痛くない・・・??」と不思議に思う時間が経過した。その間、10秒ぐらいだっただろうか。

ハリを引き抜くときにも痛みはなし。すごい技術である。
「痛くない・・・」思わず顔を見つめると、彼女は照れて言った。
「量が多いから痛くなっちゃうかと心配しちゃった」

注射のプロ発見である。

Posted by てんも at 00時31分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年10月17日(金)

かわいい夫婦 [タイで生活]

大好きなお友達夫婦に会う機会があったので、評判の良いおやつをお土産にした。
小魚とピーナツがトムヤム風味にしてある辛口のおやつ。
どこにお土産にしても「あれは美味しかった」と言われるのだ。

後日、奥さんとだんなさんから別々にメールをもらった。
それぞれに「小魚おやつ」のことが書かれていた。
私の望み通り、気に入ってくれたらしい。

メールに、気になる記述を発見。

奥さん。
「こっそり味見しちゃった。久しぶりのタイの味で辛くて麦茶ガブガブ飲んじゃった」

ご主人。
「封が開いていたから内緒で食べちゃいました。少しぴりりと辛くて、おいしいですねー」

お互いこっそり味見したらしい。お茶目でかわいい夫婦である。

Posted by てんも at 08時32分   パーマリンク   コメント ( 3 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2008


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー