タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年07月10日(月)

沿道の豚の丸焼き [アメージングタイランド]

スクンビットをバンコクからパタヤ方面に向かうと、チョンブリあたりで沿道に「ガイ・ムン・チョンブリー」の看板が目に入るようになる。

その名の通り、丸ごとの鳥が串に刺さって回転しながら焼かれている。
いつの間にかチョンブリの名物になっているらしい。

スクンビットの沿道である。毎日大量の車が砂埃と排煙を撒き散らしながら通っている。
そのすぐわきで鳥をまわして焼いている。

排気ガスと土ぼこりまみれのチキン。
正直なところ、食べる気がしない。
誰が買うんだろうと不思議に思う。

しかし、たまにバンコクナンバーの車が停まっているところをみると、買う人もいるらしい。

そして、回る鳥と一緒に売られているのが、子豚の丸焼き。
小さな豚を焼いている。
丸焼きといっても、漫画に出てくるような丸焼きではなくて、「開き」にしてある。
顔を残して、平らになった豚を焼いている。
これは友人が食べているのをみかけたことがあるけれど、薄く切り取った肉を細長く切ってタレにつけて食べる。
プラスチックの皿に盛り付けられた肉を見ると、それが丸焼きなんだかどうだか全く分からない。

珍しく、いまいち食べる気がしない食べ物なのだ。

Posted by てんも at 12時21分

コメント

ねずみの丸焼きも売ってるよね?
しかし何でこっち方面って丸じゃなくて、
平焼きなんだろ?

noina 2006年07月10日 17時05分 [削除]

いつもモーターウェーで通過してしまうので知りません
でしたが、チョンブリの方はそんなの売っているんですね。
そう!バンコクを北の方に走ると沿道でネズミ焼きが
売っています。ガイヤーンなら食べられると思うけど。

うえの 2006年07月10日 17時31分 [削除]

それって,結婚披露宴でよくだされる子豚の丸焼き(ムー・ハン)じゃないかな。ペキンダッグみたいに皮(肉の表面)だけたべるんだよね。私の結婚披露宴でもコースの中にはいっていました。当時,勤めていた日本人の上司は,おおっって驚いていました。なんてったって豚の開きですから・・・・。

ポォ 2006年07月11日 09時30分 [削除]

noinaちゃん
ねずみ?(-_-;)
こっちじゃ、ねずみは売ってないよ。おっきい?
内臓取り出すから開きになるのかな。

うえのさん
やっぱねずみ焼きあるんだ。
なんていうんですか?「ヌー・ヤーン??」

ポォさん
子豚の丸焼きが出る結婚披露宴には参加したことないな。中華料理なの?
上司の驚きも分かるけど(*^_^*)

てんも 2006年07月11日 21時30分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー