タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年01月26日(月)

サクラサク [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

サクラサク

ナムトーフー(豆乳)屋台のおじさんの長男が大学に合格した。
ただの大学ではない。タイの東大(その上品なイメージから京大と言われることもある)チュラロンコン大学である。

しかも、ただのチュラロンコン大学ではない。
医学部だ。

おじさんは去年末から、息子の大学入試に付き添ってバンコクその他に行ったりして、かなり忙しい生活を送っていた。
その苦労が今、報われた。

しかし、大変なのはこれから。卒業まで6年かかるらしいのだ。
「授業料がいくらになるのか、まだ分からないんだよ〜。どんどん働かないとな〜。」

でも、腕まくりをしてナムトーフーを入れてくれるおじさんの顔は明るい。

ぜひガンガン稼いでもらおうと思うのだけれど、おじさんは1杯6バーツの看板をつけながら、相変わらず5バーツの据え置き価格で売ってくれるのであった。

Posted by てんも at 00時09分

コメント

チュラの医学部って凄いですね。
留学などの機会が有れば日本にも来て欲しいです。
親父さん頑張れ!

うえの 2009年01月26日 17時02分 [削除]

すごいですね。チュラの医学部って国からの補助がたくさんあるから外国人ははいれないんですよね。それでも高いと思うけど。。。。息子さん同様、おじさんもがんばれー。教育は宝だもの。

ポォ 2009年01月27日 07時14分 [削除]

5〜6バーツの豆乳の稼ぎだけで子どもを医学部卒業させられるなら、すごくタイって良い国(裕福じゃなくても頑張ればチャンスがある国)って思うな!!おじさんがんばれ!!

わかば 2009年01月27日 11時24分 [削除]

うえのさん
あ〜、留学ってこともありますよね。
おぉ、少年の未来は明るいなぁ♪
おじちゃんがんばれ。

ポォさん
チュラの医学部に外国人が入れないってはじめて知った。工学部と医学部を天秤にかけて、将来性ということで医学部にしたらしいよ〜。

わかば
「雨が降っても風が吹いてもお店を開ける」地道に努力するタイプの人達にはチャンスがあるのかなって思えるよ。だってソムタム売ってるおばちゃんの子は地元大学の大学院に通っているし、美容師さんの子どもだってタマサート大学を卒業した。どの店も真面目に商売してるから、やっぱり繁盛してるよ。

てんも 2009年01月28日 17時25分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー