タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年05月21日(木)

09年初リンチー(ライチ) [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

09年初リンチー(ライチ)

出始めは色がまだ薄くて、しばらく様子を見ていた。

最近はずいぶん色も濃くなって「これなら大丈夫そう」だと思えたので思い切って買ってみた。

甘酸っぱくて香りが良い。リンチーの季節が到来したらしい。

マンゴーの樹液にかぶれて以来、かなりの数の果物にかぶれるので、リンチーも用心しながら水をたっぷり入れたコップを用意して1粒ずつ食べたけど、特に口も喉もヒリヒリすることなく普通に食べられた。

先日おそるおそる試してみたランブータンも意外なことに平気だった。少しずつ、果物にかぶれる体質が治まっているのだろうか。

Posted by てんも at 00時25分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2009年05月20日(水)

パックブンの鉢植え [タイの野菜・地産地消]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

パックブンの鉢植え

「食べると目が良くなる」という魔法の野菜、空心菜(パックブン)を自家栽培してもらうべく、種と土を用意したところ、モーリさんご主人(夫父)があっという間に種を鉢に植えてくれた。

「3日で芽が出るよ」

の言葉通り、2日目にはもう可愛らしい緑が見え始めている。

これからグングン成長して食べきれなくなるだろうし、日本では「空心菜のスプラウト(新芽)」も販売されている様なので、最初の芽は大きくなるのを待たず、5cm程度に育った段階で摘んで食べてしまおうかと思う。

パックブンを育ててもらっているお礼に水やり当番に立候補しようと思ったら、今の時期は雨が降るから夕方の水やりも必要なかった。植物を育てるのに最適なシーズンが到来したらしい。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

パックブンの鉢植え

Posted by てんも at 00時04分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2009年05月19日(火)

新しい免許証 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

新しい免許証

免許証の切り替えの時期が来て、陸運局に行ってきた。

5年免許から5年免許への切り替えには、4つの能力試験(視力試験や反射神経試験)に合格して1時間の「交通安全教育ビデオ」を見る必要があった。

その後、カードタイプの新しい免許用の写真撮影。

これに時間がかかった。タイのパスポートは写真撮影のブースがたくさんあるので非常にスムーズに進んだが、免許の写真撮影ブースはたった2つ。結局1日中かかってしまった。

でも、待っただけのことはあった。新しい免許証はなんとASEAN10カ国で使用可!!なのだ。

シンガポールやフィリピンやインドネシアでも運転できてしまうのだ。

交通ルールも知らない国で運転するつもりはないのだけれど、10カ国で使用することができるなんて、ちょっと嬉しい免許の更新だった。

Posted by てんも at 00時07分   パーマリンク   コメント ( 6 )

2009年05月18日(月)

タンブン用のお菓子 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

タンブン用のお菓子

建前、というのではないけれど、親戚のお姉さん一家が長年暮らしていた家のあちこちを修理して、それが完成したのでお坊さんを呼んで「タンブン」をすることになった。

最初は雨漏りの修理からはじまり、ついでにトイレの水回りを直し、玄関前にタイルを貼り、ものはついでと壁全体の色も塗り直したらしい。

生まれ変わった家のお祝いだ。

私達は「お菓子の差し入れ」担当ということになり、バンプラの有名菓子店「プレームスック」にお坊さんに差し上げるお菓子を買いに行った。

タンブンのお菓子と言えば、名前も色もめでたい黄金色(に似た色)の「フォイ・トーン」。卵の黄身と砂糖がメインの原料らしいが、ジャスミンの香りが漂うタイの人には子どもの頃からなじみのあるおやつ。

金箔がおめでたい気分を盛り上げてくれそうなお菓子があったので、それも選んでみた。あとはこれも定番のカノムチャン。

それぞれを数セットずつ買ったら結構な重さになった。

Posted by てんも at 00時00分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2009年05月17日(日)

帰宅後のお楽しみ [タイの野菜・地産地消]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

帰宅後のお楽しみ

最近、帰宅後に楽しみにしていることがある。
それは「ぬか漬け」。

先日来タイしたお友達が、簡単ぬか漬けセットを持って来てくれたのだ。
漬け初めから1週間以上経ち、だんだんぬか床が出来上がってきた。

タイのキューリは現地の人の食べ方に従って皮をむいてみた。
外側はパリパリ、種周半は柔らかく、優しい味に仕上がった。
大根は苦みが出てしまい、甘酢漬けの方が食べやすい味になるようだ。
人参のぬか漬けは甘味が感じられてバリバリ食べられる。

オクラやカボチャも漬けられるようなので、いろいろ試してみたい。

Posted by てんも at 00時40分   パーマリンク   コメント ( 5 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2009


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー