タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年12月02日(土)

宝物になりそうな魚料理の本 [タイ料理]

うおつか流台所リストラ術―ひとりひとつき9000円

変わった出会い方をした不思議な本。

私にとって宝物の料理本は
桐島洋子さんの「聡明な女は料理がうまい」と、魚柄仁之助さんの本だった。

桐島さんの本はまだ日本にいた学生の頃に書店で何気なく手に取った。パラパラめくるとにんじんの炒め物の記述があって、写真もイラストもなくたった数行の文章なのに、料理のイメージが脳裏に浮かんですぐに作ってみたくなった。それでレジに直行。

魚柄仁之助さんの本はちょっと変わった出会い方をした。バンコクにしばらく在住していた日本人女性が日本に帰国するということで、100冊近い本を譲っていただいたことがあって、その中の一冊が魚柄さんの本だった。

ケンタロウ「魚!」ムズカシイことぬき!

宝物になりそうな本。



そして、新しく宝物本に仲間入りしそうな一冊を大発見。先日アマゾンで本を買ったときについおまけに買ってしまったのだけれど、実際に手元に届いたら、すっごく良い。ケンタロウさんの本は初めて買ったけど、一瞬で大好きになってしまった。使ってる言葉がいいんだな。桐島さんや魚柄さんと違って本人の文章ではないようだけれど、一体どんな人が書いているんだろう。

まずはサバの野菜炒めからはじめて、この本に載ってる魚料理は全部作ってみようと思う。

Posted by てんも at 00時23分

コメント

なかなか面白そうな本ですね。
料理というものは素材まで含めて本当に
奥が深いと思います。
と申しましても、私は食べるだけ。
中華料理では、川魚のから揚げに酢と
とろみを掛けたものが大好きです。

アーチャーン 2006年12月02日 08時04分 [削除]

僕はプラーサムリーデッディアオが大好きです。
σ゚д゚)ボーノ!

ジロチョー 2006年12月02日 11時04分 [削除]

魚って触るのが嫌なのよね・・・。
でも料理の本って写真があれば良いと思ってたけど、
文章にもこだわるてんもさんって、
きちんと読んでるんだって感心した〜!

noina 2006年12月02日 14時57分 [削除]

アーチャーン
昨日はこの本に載っているカジキのカレーをプラー・インシー(さわら)で代用して作りました。我が人生最高のカレーができました。

ジロチョーさん
うん、うん。あれ美味しいですよね♪
私も好きだな〜。

noinaちゃん
だってね、こんな感じなんだよ。
「2.鍋を熱してオリーブ油大さじ2をひく。玉ねぎとにんにくを入れて、中火でじっくり炒めてアメ色にする。がんばる。」
こんな風にかかれてたら、ついがんばっちゃうでしょ?(笑)

てんも 2006年12月03日 08時25分 [削除]

魚料理・・・なかなか難しそうでいつもそのまま焼き魚としょうゆで食べてしまう私。今度レシピ教えて。。。
って,自分で本買って投資しろって感じですよね。

ポォ 2006年12月03日 10時03分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2006


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー