タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年12月17日(日)

ナムプリックと野菜 [タイ料理]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

野菜は日替わり

タイ料理に野菜が少ないと感じるのは、自分が辛い料理が食べられないからなのだ。
普段屋台で食べる料理は辛くないタイ料理。
だからどうしても炒め物とか肉類が多くなってオまう。

あっさりさっぱり食べたかったら、辛いナムプリックと茹で野菜の組み合わせがあるのだ。これぞタイ風温野菜サラダではないか。

そんなことに気づかせてくれたのが南部料理の店で出される「おまけ」のナムプリックと野菜の盛り合わせ。
この店でご飯を食べる人は全員これをもらえる。

ナムプリックに入っているにんにくがナムプリックにどっぷり漬かって漬物状態になっていて、これまたいいお味。

Posted by てんも at 00時34分

コメント

私は,カピが苦手なのでほんのちょっぴりつけて食べます。旦那の両親は南部なのでめちゃ辛いの食べてます。
おまけでついてくるなんて太っ腹だね。このお店。

ポォ 2006年12月17日 09時54分 [削除]

クローンクレーンに、ナムプリックと
「おいしそう!」編が続きますね。
我が家の「タイ行きたいね」病が
発作を起こしそうです。

たいすけ@横浜の我が家 2006年12月17日 10時46分 [削除]

私が南に出張してご飯を食べに行くほとんどの店で写真のような
野菜が出てきますね。これが全部ただ(無料)ですから凄い。
シーラチャーには南部料理の店も有るんですね。
最近ゲーンソムにはまっています。

うえの 2006年12月17日 12時14分 [削除]

そうそう、南部にはあるよね〜!
ナムプリックにたくさんの野菜!
こっちはね、たま〜〜〜に野菜(葉っぱ)がちょこっとあるだけよ。
だから最初は「ケチ〜!」と思ったもん(^_^)
最近、お気に入りなナムプリックロンルァをお持ち帰りにして、
家で野菜にマヨネーズ〜!
これもなかなかよ〜!

noina 2006年12月17日 14時24分 [削除]

ナムプリックは地域色が強いようで、北部人の嫁はシーラチャで購入したナムプリックはほとんど食べませんでした。自分自身もそれが食べられないとはいかないまでも北部味の方が好みです。

ニー 2006年12月17日 22時29分 [削除]

ポォさん
うちはいつもご飯と別皿でおかずも2,3品頼むんだけど、ご飯の上に一品かけてもらってもこのおまけが付いてくるんだよ。
この野菜とナムプリックだけでご飯が食べられるよね(*^_^*)

たいすけさん
いやはは。まだまだおいしそうシリーズはありますので、少しずつご紹介いたします♪

うえのさん
南部はやはり野菜が無料なんですか。すごいですね〜。
ゲーンソムと言えば、巨大な魚の卵(直径2Cmはあります)入りのが好きです。

noinaちゃん
ナムプリックの付け合せは温野菜だもんね。マヨネーズでも確かにおいしそうだ。

ニーさん
北部のナムプリックといえばトマトで作るナムプリック・オーンが好きです。モーリさん(義母@北部出身)がたまに作ってくれますが、ひき肉とトマトにガピが入って、ミートソース風でおいしいです。

てんも 2006年12月18日 00時31分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2006


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー